K-1GP2005 決勝戦

 ヒザ蹴りって危ないですね。
 今回のトーナメントでのKOシーンは全てヒザ蹴りによるものでした。地味だけど効くんですよね。この技は。
 特に顔面に入ると危険です。私も試合中に蹴ったら、相手の鼻とおでこの骨が折れてたことがありました。

 準決勝、決勝は全部の試合がヒザ蹴りによるKO決着。
 でも、何となくスッキリしなかったのは、決勝がすでに予選で顔を合わせ、シュルトが圧勝している、セーム・シュルトvsグラウベ・フェイトーザのカードだったからでしょうか?
 個人的には一回線が一番面白く、準決勝、決勝と進むにつれて気分が盛り下がっていく感じでした。
 シュルトはデカイだけでなく技術もあり、自分の体格を活かした闘い方も熟知している選手なので、優勝候補の有力な一角だと思っていましたし、好きな選手でもあるのですが、やはり決勝戦の結果が明らかに予想できるというのは問題ですね。
 それと、シュルトの顔を見ていると、どうしてもPRIDEに参戦した際にハリトーノフに血まみれにされた姿を思い出してしまうのもマイナス要因でしたね。たぶん。

 一回戦で一番面白かったのはピーター・アーツvsジェロム・レ・バンナの一戦。過去3回の対戦も豪快な名勝負でしたが、今回の対決は渋い技術戦でした。特に、アーツの右ミドルキックはサウスポー殺しの定石ともいえる技。右ストレートも、サウスポーの左ストレートの内側に入るようにコンパクトに畳んで打っていたのも印象的でした。
 アーツは軽い性格で何も考えていないように見えますが、実は一番キックの基本技術がちゃんとしてる選手ですし、今回の闘い方を見てもわかるように、かなりクレバーな闘い方ができる選手です。活躍を期待していたのですが、準決勝を負傷欠場してしまったのは残念でした。それだけレ・バンナの攻撃が強かったというべきか、それともそんな状態でも延長戦で手を出し続け勝利を掴んだアーツがスゴイというべきか…。

 ルスラン・カラエフvs武蔵の一戦も見応えがありました。
 事前の予想だと、カラエフの手数とスピードに武蔵は手を焼くのではないかと思っていたのですが、意外とそうでもなかったですね。
 解説では「武蔵がカラエフを捕まえられない」といっていましたが、やっている本人はたぶん1Rが終わった時点で「行ける」と思っていたのではないでしょうか。
 カラエフの技を見切ってかわすだけでなく、結構自分からもプレッシャーをかけていましたから。それでも、延長までもつれ込んでしまったのは武蔵の詰めの甘さが原因でしょうね。しつこくローを蹴っておけば、普通に勝てたはずなのに…。

 シュルトvsレイ・セフォーの対戦は、あれだけボコボコにやられながらも、最後まで立ち続けたセフォーの頑張りに尽きますね。
 レミーvsチェ・ホンマン戦は、レミーのローキックが素敵でした。

 
[PR]

by masumania | 2005-11-20 01:16 | キック/格闘技  

<< トリビアの食卓 日経ゼロワンEZ 絶対評価号 >>