K-1 MAX 世界王者対抗戦

 惜しかったですねぇ〜。武田選手。
 1Rはローキックを効かせて、現世界王者のアンディ・サワー選手を追い込んだのですが・・・、2Rにサワー選手のパンチをもらって倒されてしまいました。試合の詳細はこの辺で。
 2R目にあれだけラッシュをかけて来たということは、サワー選手もここで行かないとヤバいと思ったのでしょう。武田選手のガードも良くなっていて、サワー選手のパンチを防いでいましたが、左のフックを返そうとしたときにカウンター気味に左が入ってしまいました。もったいなかったですね。
 最近の武田選手、世界レベルの強豪を相手に面白い内容の試合を続けていますが、パンチに対して打たれ弱くなってるのが気になります。歴戦のダメージがたまっているのでしょうが、ちょっと休養をとった方がいいのかも・・・。

 強いな、と思ったのは安廣選手と対戦したレミーガことレミギウス選手。キックボクシング的な動きではありませんが、スピードと突進力がすごかったですね。パンチも硬そうな感じで、しかもショートでもロングでもインパクトできるのが厄介です。組んだ時の力もありそうですし、今後注目の選手ですね。

 期待された元ボクサーの2人、鈴木選手と大東選手は予想どおりといいますか、揃ってローキックでKO負け。対戦相手のザンビディス選手もクラウス選手もパンチ型の選手なのにも関わらず、パンチでもいい場面を作ることができませんでした。この2人相手にパンチで見せ場を作れないと、今後MAXで活躍するのは厳しいのかなという気もします。ブアカーオ選手なんかと対戦したら、蹴りで突き放されて、触らせてももらえないのではないかと。
 ボクシングでは2人とも国内では無敵な存在だったはずですが、やはり違う競技に対応するというのは一筋縄では行かないようです。

 残念だったのはジョン・ウェイン選手vs輝浪選手の試合が放送されなかったこと。レベルの高い技術を持っている2人の対戦だけに、一番楽しみにしていた試合だったのですが・・・。玄人好みの技術戦はテレビ受けしないということなんでしょうか。

 そういう意味ではヘビー級から階級を落として(こちらが本来の階級ですが)参戦したガオグライ選手と佐藤選手の対戦も、受けはよくなかったかもしれませんね。内容的にはレベルの高い試合だったと思うのですが。

 こういう試合が評価されるようになってくれると、日本の格闘技文化も成熟して来たということなんでしょうけど。
[PR]

by masumania | 2005-10-14 01:43 | キック/格闘技  

<< Clubman No.246 『domingo』Vol.4 >>