PRIDE GRAND PRIX 2005 決勝戦

 決着がつきましたね。ミルコvsヒョードル戦。
 ジムの仲間と賭けをしていたのですが、私は6:4でヒョードル有利と見ていたので、予想が当たってよかったです。「今のミルコはテイクダウンされない。打撃勝負になればヒョードルはミルコに勝てない」という意見もあったのですが、私がヒョードル有利と見たのは単純に経験の差。
 総合格闘技での戦績をみると、ミルコの相手はプロレスラーが圧倒的い多いのです。プロレスラーは総合で勝つためのシリアスな技術を持っているわけではないので、それに勝ってもあまり経験としては蓄積されないのではないかと思います。しかも、負けが2つある。
 対するヒョードルは、PRIDEが始まる前から日本で試合をしていますが、負けはアクシデントによる負傷しかありません。vs藤田戦でパンチをもらってグラグラになっていたことから「打たれ弱い」という声もありましたが、逆にいえば、そこからでも勝ったということ。ミルコの試合は、一方的なKOが多いですが、逆にパンチを効かされたりした逆境からの逆転勝ちはありません。その経験の差は大きいと思います。

 で、試合の内容ですが、意外なことに打撃の間合いで前に出てプレッシャーをかけたのはヒョードルでした。ミルコはどちらかというと距離をとって一発で決めるような闘い方。ああやって距離を詰められるのは結構イヤだったと思います。この点はヒョードルの作戦勝ちだったかと。まあ、ミルコ相手に打撃の間合いで前に出るのが、どれだけ勇気が必要なことかはいうまでもないと思いますが。
 あと、ヒョードルはかなり打撃の練習をしてきたようですね。K-1でミルコに2回勝っているアーネスト・ホースとのジムに出稽古に行っていたとか。立ち方も、いつもより重心を上げたキックボクシングに近いものになっていました。一番びっくりしたのは、ミルコのミドルキックをヒザを上げてカットしていたこと。これはキックの選手でもちゃんとできる人は少ないテクニックです。総合の試合では初めて見ました。それだけ、ミルコ対策を練っていたということでしょう。
 ミルコの左ストレートをだいぶ顔で受けていたようにも見えましたが、パンチをもらっても右手が左ハイキックをガードする位置から動かなかったのも凄いですね。左ストレートを当てて、嫌がる相手がガードを内側に入れたところを外側からハイキックを当てるのがミルコの必勝パターンですが、パンチで鼻血を出しながらも、そのパターンにハマらない意志の強さを感じました。

 結局、間合いをコントロールできず、必勝パターンにも持ち込めなかったミルコがスタミナを消耗してきたところでヒョードルがテイクダウン。上からパンチを打ち込んで判定勝ちをつかみました。ミルコも下から足を効かせて決定的な一発はもらいませんでしたが、一度逆境に追い込まれると、そこから逆転することはできませんでした。
 とはいっても、その差はそれほど大きなものには見えなかったので、今後ミルコが総合の経験をもっと積めば、2回目がありそうな気がします。寝技の技術も相当なものになっていますし、打撃はいわずもがな。足りないのは経験だけです。ヒョードルのように相手に合わせていやらしく作戦を変えられるようになれば、十分勝機はあると思います。
 まあ、どんな相手に対しても自分の得意な左ハイキックを中心とした必勝パターンで勝負するスタイルが、ミルコの魅力だともいえますが。

 ミドル級のトーナメントの方も、優勝候補だと思っていたショーグンが優勝。なんとなく予想が当たっていい気分です。しかし、強かったですね。この選手。これで、まだ23歳というのも恐ろしい。

 あと、全体的に感じたことですが、寝技の攻防でもかなり観客が沸くようになっていますね。昔は「PRIDEは寝技ばかりでつまらない」といわれていたのに。
 それだけ観ている側も、技術的な攻防に対する見る目が向上してきているということなのでしょう。K-1も「ミドルキックや首相撲の攻防は素人にはわからない」なんていってないで、どんどんレベルの高い技術を見せれば、観客の見る目も育ってくると思うのですが。話題先行で技術のないデカイだけの選手を呼んでも、絶対に観客の見る目は育たないことだけは確かだと思います。
 その辺もちゃんと考えてくれよ、T川さん。
[PR]

by masumania | 2005-08-30 23:52 | キック/格闘技  

<< う〜ん 看板商売 >>