脱・マニュアル化?

 先日のニセshuffleの記事で「説明書を読むのを面倒くさくなっている」と書きましたが、どうやらそれは私だけではなかったようです。

 web上で同じ商品を購入した人のインプレッションをいくつか読んでみたのですが、「操作ボタンが効かなくなる」という感想が予想以上に多いのです。説明書には、ちゃんと「30秒以上操作が行われないとボタンロックがかかります」と明記されているのですが、そんなものは読んでいない人がいっぱいいるみたいです。
 「色々いじっていると、またボタンが効くようになった」というインプレもありました。再生ボタンを長押しすると、ボタンロックが解除されるので、ごちゃごちゃ触っているうちに元に戻ったのでしょう。
 デジタル製品は、取りあえず勘でさわってみて、マニュアルはよっぽどのことがなければ読まない、というスタイルが定着してきているようです。

 最近、仕事でいくつかマニュアルのようなものを作っているのですが、ここまで読まれなくなっているものだとすると、見せ方や書き方だけでなく、マニュアルのあり方そのものも考えなければいけないのかな、と思ってしまいます。
 同時に、説明書には明記されているにも関わらず、それすら読まずに「ボタンが効かなくなる!」なんていう情報を載せられてしまうwebってコワイな、とも思いました。
[PR]

by masumania | 2005-08-02 23:26 | その他  

<< 本当にあったケッタイな話 台湾 シャッフル >>