15%は多いか少ないか

 たまにはニュースの話題などを。
 政府は2020年までの温室効果ガス削減目標(中期目標)を2005年比でマイナス15%と決めたらしいです。で、この15%という数字、多いか少ないかわかりづらいんですよね。
 麻生首相は「野心的な目標」とか「世界をリードする」とか言っていて、産業界も「大変厳しい目標」とか文句言ってるみたいですが、一方で環境保護団体が温暖化対策に後ろ向きな国に贈る「今日の化石賞」で特別賞を受賞してしまっていたりもします。

 わかりにくくしてるのが、まず基準年。京都議定書では1990年を基準にしていたのが、中期目標では2005年になっています。ちなみに2005年は1990年比でプラス7%なので、15%という削減目標は1990年比だとマイナス8%。つまり京都議定書の6%に2%上乗せしただけです。
 この、基準年をいつにするかというのは、結構需要な問題で、ヨーロッパが1990年にしたがるのは、この年はまだ東西ドイツが合併したばかりだったりで、省エネ対策が進んでおらず、CO2の排出が多かったんですよね。そこを基準にすれば、たくさん減らしたように見えやすいというか。
 逆に、日本は1990年には省エネがかなり進んでいたので、同じパーセンテージでも必要な労力や予算が違うということで、産業界からは「乾いた雑巾を絞るのか」みたいな声が挙がっていたりしました。
 京都議定書の時は、ヨーロッパに都合のいい基準年にされたという恨み(?)があるから、中期目標ではわざわざ排出量の増えてる2005年を基準にしたんでしょうね。なんか、どっちもずるい話ですが。
 ちなみにEUの中期目標は1990年比マイナス20%。この数値、2005年比だとマイナス13%になるそうです。

 で、もう一個わかりづらくなってるポイントは、この15%という数字が排出量取引とか森林吸収分を含まない数字だということ。首相は「真水の」なんて言葉を使っていました。EUの目標値は、この2つを含んだ数値だといわれています。
 日本は、京都議定書の数値を「真水」では達成できないことが、ほぼ確定していて、6%中のほとんどを排出枠を買ったりしてクリアする見込み。ということは、京都議定書からマイナス2%どころか、15%のほぼ全部をこれからの対策で削減するってことですね。高速道路1000円政策とかで、CO2排出はさらに増えているというのに…。
 そういう意味では、確かに「野心的」かも知れませんね。具体的な対策なんか、まだ何も決まってないんだから…。

 本当は、ここまでは前置きのつもりで、書きたいことは別にあったのですが、長くなってしまったので、その内容はまた今後書きます。
[PR]

by masumania | 2009-06-24 23:24 | 気になるニュース・言葉  

<< 規制は競争力を失わせるのか? Bicycle magazin... >>