<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

池上彰さんのうれしい書評

c0013594_415346.jpg  以前、制作に関わった技術評論社の『温暖化論のホンネ ~「脅威論」と「懐疑論」を超えて 』という本の著者の1人である枝廣淳子さんブログに、ちょっとうれしい記事がありましたので紹介します。
 2月21日付の信濃毎日新聞にジャーナリストの池上彰さんが同書の書評を書いてくださっていたとのこと。以下に少し引用させてもらいます(引用部は枝廣さん)。

〜~~~~~~~ここから引用~~~~~~~~~~~

(前略)地球に対する「懐疑派」と呼ばれる人たちが存在します。
 一口に懐疑論といっても、その中身はさまざまです。
 そもそも地球は太古より温暖化と寒冷化を繰り返してきたのであり、現在は温暖化が進行するサイクルに入っているにすぎないと主張する学者。都市に人が集中し、都市の気温が上昇したことで温暖化が進行しているように見えるだけだという考え方。温暖化しても、私たちはメリットもあり、大騒ぎすることではないという人。
 こんな懐疑派の人たちは、どんな根拠にもとづいているのでしょうか。懐疑派と、「温暖化を防がねば」と主張している人たちは、果たして議論が噛み合うのでしょうか。
 噛み合うかどうか、試してみようではないか。こうして誕生したのが、この本です。
「懐疑派」の代表格である武田邦彦氏と、「温暖化防止は急務である」と考える枝廣淳子氏、江守正多氏が、それぞれの論点を提示して議論を進めます。
 冷静な議論が交わされているため、意外にも両者の議論は噛み合うことが多く、双方の相違点もまた明らかになります。たとえば「東京の温度は上がっている」としても、その場合の「東京の温度」とはどこの場所を指すのか等、厳密で科学的・理論的な議論が行われています。
 この本を読むと、科学的なものの見方とは、どういうものなのか、世の中にあふれる情報を、私たちはどう取捨選択すればいいのかについて考えさせられます。
 両者が繰り広げる科学的な論争は、いつしか私たちはどう生きるべきかという問題に帰着していきます。
 自分と異なる意見を主張する人と向き合い、冷静に論点を整理していくのは、辛い作業です。それに取り組んだ3人。意見が対立する人同士の議論とはこうあるべきだというお手本のような本です。

~~~~~~~~~~~~引用ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~

 この鼎談のまとめは私がやったのですが、その際に一番意識したのは、まさに「意見が異なる人同士の議論の見本となるような本にしたい」ということでした。(当時のブログにも書いていました
 「科学的なものの見方とは、どういうものなのか、世の中にあふれる情報を、私たちはどう取捨選択すればいいのか」という点も、原稿をまとめている最中に何度も意識したこと。その点に着目して評価していただけたのは、制作に関わったものとして非常にうれしいことです。池上彰さん、ありがとうございました。
 そして、この記事を読んで興味を持ってくれた方、ぜひ書店で手に取るか、リンク先のアマゾンで注文して読んでみてください。
[PR]

by masumania | 2010-10-25 23:54 | 仕事  

Bicycle magazine Vol.21

毎回原稿を書かせてもらってる『バイシクルマガジン』の最新号が書店に並んでいます。今回の特集は【BIKE GEAR】。「自転車乗りのための物欲ギア・アイテム」というタイトルの通り、物欲が刺激されてマズいです。
 個人的に気になったのは、他誌ではあまり登場しないパニアバッグ(キャリアの側面に付けるバッグです)の詳細な紹介。通勤や通学など、生活の中で自転車を活用するには、とても便利なのですが、あまりショップなどでは目にする機会がないだけに、ぜひチェックして欲しいアイテムです。自転車グッズ以外にも、カメラの特集なんかがあるのもこの雑誌の面白いところ。
 私は自転車に関わる物を作るメーカーを紹介する連載企画でハンドルやステムの製作で有名なニットー(日東)の取材・執筆を担当しました。個人的にもとても面白かった取材だったので、その面白さが誌面から伝わっていれば幸いです。自分の自転車(エクストラサイクルのキットでロングテール化して積載性をアップしたもの)を紹介する連載ページでは、子どもを載せるためのチャイルドシートの取り付けを紹介しています。気になる方は、ぜひ書店で手にとってみてください。

[PR]

by masumania | 2010-10-24 23:30 | 仕事  

MOTOMAG Japan Vol.02

 だいぶ遅れてしまいましたが、ライドパブリケーションから発行されている『MOTOMAG Japan』のVol.2が配布されています。Webikeで買い物をすると同封されてくるほか、iPhone/iPad版も近日販売予定。今号は海外ツーリング特集。といっても、国内のツーリングとかグッズの情報も詰まっています。私は、環境とバイクについてのコラムと、バイク乗りが使えるガジェットのページを書いています。電子版が公開されたら、またURLをお知らせしますが、なかなか濃い内容ですのでぜひ読んでみてください。
c0013594_2342534.jpg

[PR]

by masumania | 2010-10-19 23:27 | 仕事  

ハイブリッドの記事

 私の書いた記事が、日経BPのweb媒体『ECOマネジメント』で公開されています。「ホンダと日産が新モデルを発表 普及拡大期を迎えたハイブリッド」というタイトル。
 先日、発売されこのサイトでも取り上げたホンダの「フィット ハイブリッド」と、今月中に発表されそうな日産の「フーガ ハイブリッド」について取り上げています。

 「フィット」のほうは開発者インタビュー。2代目フィットは開発当初からハイブリッドがラインナップされる予定だったとか。ちょっと時期が早かったようで見送られたようですが、このマイナーチェンジで陽の目を見ることになったわけですね。あと、バッテリーのマネージメントの話とか、冷却のために室内のエアコンの風を入れないといけないくらいバッテリーが「贅沢」な存在である話などが面白かったです。

 「フーガ」のほうは、発表前ということもあり、技術解説が中心ですが1つのモーターとエンジンを2つのクラッチを使って制御する技術はかなりユニークです。初めて目にした昨年のモーターショーから注目していた技術でした。3.7Lエンジンの大型車で、コンパクトカー並の燃費を実現するとのことですから、本当だとすればスゴイですね。正式発表を期待して待ちたいところです。
[PR]

by masumania | 2010-10-18 22:48 | 仕事  

アイドリングストップの記事

 日経BPのweb媒体『ECOマネジメント』に書いたアイドリングストップについての記事が公開されています。
 記事中でも触れていますが、アイドリングストップの燃費向上の効果は想像以上。アイドリングで停止する機会の少ない(渋滞していない)高速道路と、逆に渋滞の多い都市部での走行などシチュエーションによって効果は異なりますが、いろんな試算によると1割程度は燃費がアップするようです。
 ハイブリッド車の燃費向上は(1)モーターによるアシスト、(2)エネルギーの回収(回生ブレーキ)、(3)アイドリングストップの3つによってもたらされているわけですが、ある開発担当者によるとモード燃費(カタログ燃費)の向上に占めるアイドリングストップの効果は大きくて「だいたい半分弱はアイドリングストップによるもの」なのだとか。ある雑誌のエコドライブについてのテストでも、さまざまな方法の中で一番効果があったのはアイドリングストップだったらしいです。しかも、ハイブリッドなどに比べると圧倒的に低コストで導入できます。
 効果が大きく、コストも掛からない割に、アイドリングストップに注目した記事というのは、ほとんど見たことがありません。そんなわけで自分で書いてみました。マツダの直噴エンジンを活用した「i-stop」や、日産のマーチなどに搭載されている技術、そして「エコヘルパー」という後付けのアイドリングストップ装置について書いています。おかげさまで、日経BPの環境ポータル『ECO JAPAN』のアクセスランキングでも、公開初日に1位になりました。(個人的にも愛読している清水和夫さんのコラムよりも上位に来ているのが、恐れ多いですが嬉しくもあります)
 なかでも、個人的に注目なのは後付けのアイドリングストップ装置。あまり知られていませんが、4月から環境省の補助金もスタートしていて、装置の本体価格の半分が補助されます(購入前に申請が必要)。ほぼどんな車にも取り付けできますし、走り方によっては40%以上燃料消費を減らせたというデータもあるそうです。取りあえず、僕も取り付けてみようかと思っています。
[PR]

by masumania | 2010-10-13 23:54 | 仕事  

ECO wheelsはじめました。

 ハイブリッドカーとか電気自動車(EV)とかのエコカー、電動バイクを含めたバイク、それに電動アシストを含めた自転車など、「エコな乗り物」についてのお仕事がメインになってきているので、そういった情報についてメモがわり(?)に書き留めておくニュースサイトをはじめました。
 ECO wheelsという名前です。
 車輪の付いた乗り物が好きで、それに関わる仕事をさせてもらっているので、その中でもエコな情報について書いていきたいと思っています。
 一応、ニュースサイトと言っているので、毎日とはいかなくても、そこそこマメに更新して行く予定。興味を持っていただけたら、覗いてみてください。コメントとか残していってもらえるとうれしいです。

c0013594_216279.jpg

とりあえず、今トップに貼ってある写真。なんのホイールだかわかりますか?

 サイト名に「wheel」という言葉を使っているのは、欧米には「人類史上最大の発明は車輪」という意見が結構根強くあるからです。日本では平安時代の牛車から、明治時代の人力車に至るまでの間、車輪を使った乗り物が一般的でなかったこともあって、あまり受け入れられない意見のようですが……。
 ちなみに個人的に好きな「人類史上最大の発明」はアインシュタインと西原理恵子さんが唱えていた「利子(複利)」という意見です。
[PR]

by masumania | 2010-10-10 23:08 | 仕事  

電動バイクの記事

 日経BPのweb媒体『ECOマネジメント』で電動バイクについて書いた記事が公開されています。電動2輪車販売が本格スタート メリット生かし普及を狙うというタイトル。先日発売されたばかりのヤマハのEC-03や、12月に発売予定のホンダのEV-neo、それに先日発表された三洋電機のシステムを積んだスズキのe-Let'sなどについて触れつつ、電動バイクのメリットについて書いています。
 今開催されているパリモーターショーでもスマートやMINIの電動バイクが出展されていて、電動バイクについての注目度は高まっていますが、どんなメリットがあるのか? 普及のためには何が必要か? などについてまとめました。ぜひ、クリックして読んでみてください。(無料、無登録で読めます)

c0013594_2246446.jpg

(写真はタイトルで使われなかったEC-03のカット)
[PR]

by masumania | 2010-10-04 22:51 | 仕事