<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

勝負事と競争社会

 とりあえず、この記事を書こうと思ったきっかけとなったのは、内田樹さんのブログのこの記事を読んだことです。僕の駄文を読む前に、こちらを一読しておいていただけると、そっちのほうがためになるかと思います。
 この記事で内田さんの書こうとしていることにも同意するのですが、僕が気になったのは、以下に引用する部分です。

〜〜〜〜〜(以下引用)〜〜〜〜〜
 日本の男子が血肉化してる「小学生時代の価値観」とは「競争において相対優位に立つことが人生の目的である」というものである。
 これまでも繰り返し説いてきたことだが、「同学齢集団のコンペティションでの相対優位」が意味をもつのは、「ルールがあり、レフェリーのいる、アリーナ」においてだけである。
 例外的に豊かで安全な社会においては、「競争に勝つ」ことが主要な関心事になることができる。
 しかし、人類史のほとんどの時期、人類は「それほど豊かでも安全でもない社会」を生き延びねばならなかった。
 そういった状況においては「競争において相対優位をかちとる能力」よりも、「生き残る能力」の方が優先する。
 「競争に勝つこと」よりも「生き残る」ことの方がたいせつだということを学び知るのが「成熟」の意味である。
〜〜〜〜〜(引用ここまで)〜〜〜〜〜

 特に同意するのは「「同学齢集団のコンペティションでの相対優位」が意味をもつのは、「ルールがあり、レフェリーのいる、アリーナ」においてだけである。」という部分。「ルールがあり、レフェリーのいる、アリーナ」っていうのは、簡単にいうと同じスタートラインからヨーイドンで始まって、ズルしちゃいけなくて、それをチェックするレフェリーもいる、ある意味「公正な」勝負事ということでしょう。
 で、日本男子が血肉化している「小学生時代の価値観」っていうのは、「勝ち組」「負け組」とかいう「競争社会」っていう考え方のことなんでしょうが、そっちの「競争」は「公正な」勝負にはなってないってことですよね。
 親の学歴が高くて年収の多い子のほうが学歴が高くなるとか、親が金持ちだと子どもも金持ちになりやすいとか、この「競争」はスタートラインからして同じではありませんし、ルールは社会的に影響力の強い「勝ち組」が有利なようにどんどん書き換えられてしまいます(金持ち減税と貧乏人増税とか)。で、不正を裁くレフェリーがいないどころか、不正をしてでも勝つことが学校教育の中で推奨されていたりする(全国学力テストのランクを上げるために教師が指差ししたり、成績が低い子を休ませたりとか)。
 この社会的に煽られてる「競争」と、いわゆるアリーナの中で行われる勝負事っていうのは、明確に分けて話しをしなければいけないと思うんですが、妙に混同されてることが多いですよね。W杯を見て「俺も仕事がんばろう」と思ったりとか。
 いや、「仕事がんばろう」と思うのはいいのですが、アリーナの中の勝負事で求められるものと、現実社会で求められるものは違うから、そこまで混同してはダメということです。勝負事では相手を蹴落としてでも勝つことが求められますが、現実社会で求められるのは内田さんも書いてる通り勝つことより「生き残ること」ですから。

 僕は文字通り人を「蹴」落とす勝負であるキックボクシングとかをやってましたし、今もサーキットでバイクで競争する遊びが好きだったりするので、一応そうした勝負事の面白さや大切さもわかってるつもりです。
 勝ち負けを競う勝負の中で学べることもたくさんある。勝つことの難しさとか、負けることの悔しさとか、勝つ者がいれば必ず負ける者がいるということとか。だから、本気の勝負事をやってた人って意外なほど敗者に優しかったりするんですよね(その割に、すんごい負けず嫌いだったりもしますが)。勝ちと負けは紙一重だと知ってて、1つ間違えば自分が負けていたかもしれないとわかるからでしょう。
 で、今の学校教育に目を向けると、運動会という「アリーナ」では順位付けなかったりするくせに、学力テストでは順位を競わせたり、学歴については競争を煽るようなことをしていて、正直やってることが逆だろうと思います。
 勝負事はやらせていいと思いますが、その勝ち負けは人生における「勝ち組」「負け組」とは何の関係もないのだということを教えなきゃいけない。人生においては、大切なのは勝ち負けではなく「生き残ること」だということを教えるべきでしょう。

 いわゆる「競争社会」に反対して、運動会でも順位を付けるべきでないと主張する人たちも、逆に「競争社会」化を煽ろうとして、やたらと「勝ち」「負け」と言う人たちも、アリーナの中における競争や勝負事と、外の社会におけるそれを混同しちゃってるように見えます。
 格闘家が道端でケンカして勝った負けたと言っても意味はない(ケンカだと武器持って後ろから襲ったり、複数でボコボコにしたりもできますから)のや、信号待ちで他のバイクと競争しても意味がない(相手が本気かどうかもわからなければ、スタートラインもゴールも明確じゃないから、厳密には競争にもなってない)のと同じだと思います。アリーナの外(道端や公道)では、「生き残ること」が一番大事という点でも似てますよね。

 なんか、言いたいことがどこまで伝わるように書けてるか微妙ですが、長くなっちゃったのでとりあえずこのへんで。
[PR]

by masumania | 2010-06-29 04:54 | 気になるニュース・言葉  

Bicycle magazine Vol.19

 ちょっと前に前号の紹介を(ようやく)書いたばかりの『バイシクルマガジン』ですが、すでに次の号が発売されています。
 今回の特集は自転車と「人」にフォーカスしたもの。インタビュー中心の企画ということで、今回はかなり多くの人の取材を担当させてもらいました。
 順番に紹介していくと、まず“日本唯一の革サドルメーカー”のHashMen(ハッシュメン)さん。声も体も自転車もデカイバンドマンのハンサム判治さん。カーゴバイクを使ったサービスを開始した全員がプロスタッフの自転車便アローメッセンジャーさん。同じくメッセンジャーの老舗であるクーリエの代表であるKatzさん。世界的なBMXライダーであり、古い自転車のレストア&カスタムも手がける丸屋薫さん。特集で取材させていただいたのが以上の5人。
 5人中2人がロングテールという車体を伸ばして荷物をたくさん積めるようにした自転車に乗っていました。で、そのロングテールバイクを自分でも導入。その模様は連載ページで書いています。約1年前の号で取材させてもらって以来、ずっと憧れていたエクストラサイクルをやっとゲットしました。
 そのほか、ブリヂストンHELMZのイベントレポートや、サイクルメーターのemetersのページなども担当しています。

 そして、個人的に一番面白かったのは、表紙にも小さく掲載されているSURLYのスタッフインタビュー。アメリカの小さな自転車ブランドなのですが、自分自身も乗っている(それも2台)ブランドなので、話を聞く前からドキドキでした。
 さらに、話の内容もとても濃いもので、インタビューが終わった頃には3台目もSURLYにしよう!と心に決めていたほど。彼らのモノ作りの姿勢とか、環境に対する取り組みなどを聞いています。ほかの媒体には載っていないようなことも書いていますので、SURLYファンは必見だと思いますし、環境のことに興味があって自転車も気になっているという人にも読んでもらいたいです。

 書店では、結構早く売り切れちゃうとこもあるみたいなので、下の表紙を目印にお早めに本屋さんへ!

c0013594_658054.jpg

[PR]

by masumania | 2010-06-20 07:31 | 仕事  

東京都環境確保条例

 また、仕事紹介の投稿で恐縮ですが…。
 毎度お馴染みの日経BP『ECOマネジメント』新しいビジネスモデルが続々誕生 厳しい削減義務の意外な効果という記事を書いています。
 自分で付けたんじゃないということがよくわかるタイトルですね(笑)
 内容は、施行されたばかりの東京都環境確保条例についてのもの。ような、ビルや工場の省エネを義務づける条例です。不慣れな不動産分野の話で、ちょっと苦労しました。
 東京都は、交通部門でも20%のCO2削減を打ち出しているので、ぜひこっちの記事で触れた2輪車の活用策を導入して欲しいものです。都市部でこそ、2輪車の有効性は発揮できると思うので。
[PR]

by masumania | 2010-06-19 23:33 | 仕事  

FREERIDE magazine Vol.28

 紹介していなかった媒体その2。『フリーライドマガジン』のVol.28です。
 とは言っても、実は今号では記事は書いていないのですが、電動バイクに関する記事のなかで、このブログのURLが載っているので。

c0013594_536076.jpg


 で、巻頭のほうでパリダカ優勝ドライバーでもある三橋淳さんが書いているコラムの内容が気になったので、僭越ながら突っ込みというか補足をしたいと思います。
 そのコラムの内容は、乱暴にまとめてしまうと「生活そのものを変えなければ地球温暖化は防げない。ハンバーガーを食べながら、少し量を減らしてもダイエットできないように、家庭の電気使用を少し我慢しても発電所でバンバン電気作ってたら意味はない」「生活を変えるのは、大変だけど化石燃料がなくなってしまえば変えざるを得ないから、化石燃料をどんどん使って枯渇させてしまえばいい」というもの。まあ、2番目のほうは、三橋さん自身の意見ではなく、景山民夫さんがどっかで書いていたことらしいですが。
 1番目の意見についてはまったくその通りで、今のチームマイナス6%とかがやっている、生活の中でちょっと我慢して省エネに努めましょう的なアプローチでは、6%なら減らせるかも知れないけど(現実的にはそれもできていませんが)、25%とか50%の削減は無理です。大量にエネルギーを使っている今の先進国の生活スタイルを抜本的に見直さない限り、温暖化を止めるほどのCO2削減にはなりません。

 で、突っ込みがあるのは2番目の意見のほう。まず、現在、埋蔵が確認されてる化石燃料を使い切るほど燃やしてしまったら、その分のCO2だけで温暖化は回復不可能なぐらい進行してしまうので、解決策には全くなりません。使い切る頃には、地球上は人間は住めないような状況になってしまっているでしょう。
 もう1つは、ちょっと分かりにくい話なのですが、化石燃料(特に石油)を枯渇するまで掘り尽くすのも実はとても難しくて、現在もすでに枯渇はしていないけれど、石油を潤沢に使える時代は終わりに差しかかっているということです。
 コラムの中では、埋蔵が確認されている石油は約60年分と書かれていますが、これは埋蔵確認量を現在の使用量で割ったもので、インドとか中国とかがジャンジャン使うようになったら、とてもそんなに持ちません。そして油田には生産量の「ピーク」があって、それを越えると汲み上げるのがどんどん難しくなり、コストが跳ね上がるという特性があります。
 例えば、アメリカには油田がたくさんあって埋蔵量もまだ残っていますが、現在のアメリカは石油のほとんどを中東や中南米からの輸入に頼っていて、自国ではあまり生産していません。それは、アメリカの油田は1970年初頭にピークを越えていて、自国で生産するより輸入したほうが安いからです。輸送にかかるコストに加え、利権を守るためにイラクで戦争やったりするコストを含めても輸入するほうが安いと判断してるってことは、ピークを越えた油田を汲み上げるのがどれだけコストがかかるのかを示していると思います。
 そして、世界の主要な油田のほとんどは2010年代にはピークを迎えるといわれています。油田のピークというのは、越えてみて初めて「あそこがピークだった」とわかるものらしく、正確な予想は難しいらしいのですが、石油を生産しているオイルメジャーのほとんどが2010年代にピークを迎えると予想しているので、まあそんなに外れることはないでしょう。(実はもう迎えているという説もあります)

 これが「オイルピーク」とか「ピークオイル」とか呼ばれているものです。このピークを越えてしまうと、現在のようにジャンジャン石油を使うことはできなくなります。ガソリン価格なんかも現在の2倍、3倍では済まないのではないかと思います。
 そうなると、潤沢な石油エネルギーに支えられてた先進国の大量生産大量消費みたいな生活スタイルは成り立たなくなります。石油が「枯渇」するのは、まだ先かも知れませんが、私たちが生活スタイルを抜本的に見直さなければならない時期は、結構目の前に迫っているのかもしれないのです。(迫っていると言い切れないところが、よけいにコワいのですが)
 その状況で「じゃんじゃん使う」と開き直るのか? 石油に代わるエネルギーを探すのか? それともエネルギーをあまり使わない生活スタイルにシフトするのか? 
 例えるならば、氷山が目前に迫ったタイタニック号の上で「世界最高の客船だから大丈夫」とパーティーを続けるのか? 救命ボートの準備をするのか? 氷山を避けるために舵を切るのか? という選択と似ていると思います。まあ、現実的なのは2番目と3番目を組み合わせることですよね。
 自然エネルギーなどの代替エネルギーの開発を進めながら、それでも今と同じようにエネルギーを使うことはできないでしょうから、生活スタイルも見直す方向に舵を切るべきでしょう。タイタニック号と同じで、一定方向に進んでいる社会を変えるのは慣性もかかっていて時間がかかりますから、舵を切るのは早い方がいいでしょう。
 まあ、本当に石油がピークを迎えていて、今後コストが跳ね上がるとしたら、相対的に今は高いといわれている太陽光や風力などのコストは下がりますから、その普及は一気に進むかもしれません。自動車やバイクなどの乗り物としては、太陽光や風力でも生み出せる電気で動くようにしておくことが求められるのだと思います。
 できるだけ短くまとめるつもりが、長くなってしまいました。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
[PR]

by masumania | 2010-06-15 05:31 | 仕事  

Bicycle magazine Vol.18

 更新が滞ってると、何の記事をアップしたのかも忘れてしまいます。
 というわけで、アップし忘れていた『バイシクルマガジン』のVol.18。(雑誌の公式webサイトもオープンしてます)
 今回は“旅”特集。私も自分の自転車でちょろっと出演しています。(家族には「微妙」と言われましたが…)
 あとは、旅に向いた自転車のカタログページの原稿も書いています。カタログといっても、今回は結構ウンチクっぽい内容で文字量が多いです。私が担当しているのは、本気のツーリング自転車ではなく、シクロクロスとかロードバイクとかのなかでも旅に向いた車種の紹介。旅専門の自転車ではなく、普段は通勤などに使っていて、その気になれば週末にショートツーリングなどがこなせるものです。そういう自転車を求めてる人って、実は多いのではないでしょうか?
 この記事を書いてる時点で、もう次の号の発売日が迫っているのですが、書店で見かけたら手に取ってみてください。相変わらずいい感じの表紙が目印です。
c0013594_3585283.jpg

[PR]

by masumania | 2010-06-14 23:46 | 仕事