<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

K-1 MAX日本代表決定トーナメント

 今月は少しマメに更新しようと思っていたのに、またも間があいてしましました…。

 で、表題の件。
 K-1は、このMAXの日本トーナメントが一番面白いような気がしています。知っている選手が多くて感情移入しやすいこともあるかもしれませんが、技術的にもレベルは上がっているし、何よりむき出しの気持ちのぶつかり合いが見られるのがたまりません。
 考えてみれば、私が前に所属していた会社に入って、一度は辞めたつもりだったキックを、またやりたいと思うようになったのには、魔裟斗選手の出場していた第1回のMAX日本トーナメントが大きく影響していることは間違いありません。何と言うか、見ているとジッとしていられない気分にさせるパワーがあるんですよね。それにやられて、今も深夜にブログを更新しているわけです。

 今回のトーナメント、個人的には優勝は城戸選手か日菜太選手かなと思っていたのですが、見事に外しました。長島選手は、連続KO負けのダメージがある(1度派手なKO負けした選手は、その後目に見えて打たれ弱くなることが多い)と思っていたので、正直1回戦も厳しいかと思っていました。すみません。
 でも、今回のトーナメントで間違いなく、一番いい動きをしていて、一番いい試合をしていたのは長島選手だと思います。最後の決勝戦は、完全に長島選手に感情移入してしまって、勝利の瞬間は不覚にも涙が出そうになりました。
 長島選手は昔、MARSという総合格闘技のイベントに出ていた頃に見たことがあって、キックの試合も何度か見ているので、何となく親近感を持ってしまっていることもありますが。

 試合内容ですが、1回戦の名城選手に勝った試合は、わずか39秒という短時間なのもあって、よくわかりませんでした。先に当てる勘は鈍ってないな、とか、魔裟斗も言っていたように体格差があったのかなと思った程度でした。
 でも、2回戦での動きを見て、これはスゴいと確信しました。
 ノーモーションの右ストレート(直突き?)を打った瞬間に右に回り込む動きとか、頭をずらしながら打つ左フックとかの動きは昨年と同じですが、何より出入りを使って相手のパンチを丁寧に外して、よく見ているのが印象的でした。
 去年までは、一か八かで突っ込んでるような場面が結構あり、それが魅力でもあったのですが、前述の通り打たれ弱くなっている可能性のある今回は、丁寧に出入りを繰り返していました。長島選手の強みを活かしつつ、ダメージの蓄積を避ける動きをしみ込ませたのは、トレーナーが偉いのだと思います。
 今年に入って、大宮司(元)選手がトレーナーをしているようですが、スゴい手腕だと思いました。(前日に、たまたま大宮司さんとお話する機会があったこともあって)

 そして、何度もビデオで繰り返し見てしまったのが、龍二選手から最初のダウンを奪った場面。
 まず、左アッパーから右ストレートを返して、この左アッパーが入ると見ると、いったん左フックで外に意識を振っておいて、左アッパーとタメの動きが似ている左ボディーを打ち、そして同じようなタメから一瞬タイミングをズラすような左フックをヒットさせていました。そこから詰めの左アッパー→右ストレート。
 たぶん、本当の狙いは直前に入った左アッパーだったのでしょうが、あの打ち合いの中でこれだけ多彩に左を上下とガードの内と外に打ち分けられるというのは、よっぽど練習を積んでいないとできないことです。もちろん、長島選手の“当て勘”の良さもありますが、それとは異質の、努力を積まないと身に付かない技術だと思います。

 最後の決勝戦も、出入りを使いながら多彩なフェイントをかけ、丁寧に闘っているのが感じられました。とはいえ、守りに入っているわけではなく、打ち合い上等の気構えがあるから、1発もらってダウンしてしまった後も、(ダメージは確実にあったはずですが)盛り返すことができたのでしょう。
 最後の右フックも、きちんと相手の右を見切って外しながら打っていました。タイミングもばっちりで、一発のダメージも大きかったと思いますが、今まで一度も倒れたことのない中島選手をKOできたのは、それまでに細かいヒットで積み上げたダメージがあったからでしょう。
 よく考えて練習を積んでいることがわかる丁寧な技術と、ハードパンチャーとの打ち合いにも引かない気持ちの強さ。何か感動してしまいました。

 優勝後のインタビューは、彼らしくない、本当に“素”のコメントだったと思いますが、あんな格好して、彼が非常に真面目に格闘技に取り組み、K-1 MAXの将来を考えていることが伝わったような気がします。
 いい選手といい試合が見られて(テレビだけど)、とても興奮しています。
[PR]

by masumania | 2010-03-28 02:47 | キック/格闘技  

筋トレをめぐる誤解

 珍しく、連日更新できているので、続くわけはないけれど、少しだけがんばってみます。
 最近は、練習をしなくなったことで落ちていく一方の体力と筋肉を、なんとか維持しよう、というよりは落ちるスピードを少しでも緩やかにしようとするぐらいしか、体を動かしていません。
 そんな中で、試してみたら意外と効果が高かったのが、最近流行り(?)のスロートレーニングというやつです。ジムに行ったりする時間もないので、道具を使わずに自宅でできるトレーニングしかしていないのですが、その割に適切な負荷を与えることができるのがポイントです。

 で、この「適切な負荷」っていうのを誤解している人が結構多いみたいなので、その点について今回は書いてみたいと思います。
 まず第1段階の誤解として、今でも結構いるのが、筋トレはたくさん回数をこなせば筋肉が付くと思っている人。腕立て50回とかスクワット50回とかやっても、基本的に筋肉は付きません。筋持久力は付くので無駄とは言い切れませんけど。
 よくいわれるのは「10回以上できる負荷でトレーニングしても意味はない」ということ。つまり「10回やるのがギリギリ」「がんばってやっと10回できる」ぐらいの負荷のトレーニングが筋肉を大きくするのには必要ということです。10回という回数は、たぶんアスリート向けの数字だと思うので、一般の人はあまりこだわる必要ないと思いますが、20回ぐらいできちゃう負荷だと、もう少し負荷を高めた方が効果が出るはずです。

 で、第2段階の誤解なのですが、上記の言葉を「筋トレは10回(あるいは20回)以上やっても意味ない」と誤解している人も意外と多いように感じます。がんばれば30回ぐらいできちゃう負荷のトレーニングでも「意味ないから」といって10回で止めちゃう人とか。
 上で言っているのは、あくまでも「限界までがんばって10回やっとできる負荷」が適切だということであって、10回以上やるのが無意味というわけではありません。むしろ、ギリギリまでがんばって“もう上がらない”と思うぐらいときに上げた最後の1回が一番効くと言われているので、がんばれば11回、12回できるのに10回でやめてしまうのはもったいないとも言えます。

 まあ、自宅でやるようなレベルの筋トレの場合、とにかくできる範囲の最大の回数までがんばってみて、それが20回を超えているようなら負荷を高めるってぐらいでいいと思います。
 その負荷を高めるのが、ウエイトなどの道具がない自宅トレーニングの難しいところですが、スロートレーニングは、ゆっくり降ろしてゆっくり上げることで、その負荷を高められるのが便利なところです。取りあえず、4秒かけて降ろして、4秒かけて上げる感じでやってみると、そのキツさにビックリすると思います。で、その時間を調整することで、比較的簡単に負荷も調整できますし。
 トレーニングメニューなんかは、本がたくさん出ているので、それを見てもらえればと思いますが、やる時に気をつけるのは、10回とかキリのいいところでやめないで(最初はそれでもいいですが)、できる限界の回数までがんばってみるってことでしょうか。そうすると、次の日は筋肉痛になってたりすると思いますが、それは効果が出ている証拠。2〜3日間をあけてもいいので、続けてみましょう。

 ↑これが第3段階の誤解ですかね。「筋トレは毎日やらないと効果ない」と思っている人って未だに多いみたいです。むしろ、毎日できちゃうようなトレーニングでは、負荷が足りていないので、次の日は筋肉痛になって同じトレーニングはできないぐらいの負荷で取り組む必要があります。
 筋肉は休んでいる間に成長するものなので、きちんと休養を取ることも大切です。部位にもよりますけど、だいたい2〜3日は休んだ方がいい。だから、トレーニングは週に2〜3回で十分ってことになります。
 それでも毎日やりたいという人は、脚の日とか腕の日とか、胸の日みたいに日ごとに部位を分けてやれがいいかと思います。筋トレマニア(?)の人たちはそうしてます。

 ここに書いたことは、トレーニングについて少しでも知ってる人なら、聞いたことがある基本中の基本なので、特に目新しいことはないと思います。
 でも、意外と知らない人も多いみたいなので、あえて書いてみました。「当たり前のこと偉そうに書いてんじゃねーよ」という突っ込みはご勘弁ください。
[PR]

by masumania | 2010-03-03 23:29 | キック/格闘技  

格闘技通信休刊

c0013594_0293366.jpg それなりに仕事をさせてもらっていましたベースボール・マガジン社の『格闘技通信』が今店頭に並んでいる号で休刊になります。関わっている媒体が休刊になるのは初めてではないどころか、両手の指でも足りないぐらい見て来ましたが、中学生の頃から読者だった雑誌がなくなるのは、さすがにちょっと感慨深いものがあります。
 ひと頃のような格闘技ブームも終わり(魔裟斗の引退がそれに拍車をかけることも確実で)、出版不況と世間の不況が重なり、ネット媒体の登場で試合結果を知りたくて雑誌を買うという時代でもなくなるなど、いろいろと背景はありますが、名前も含めて格闘技雑誌の代名詞的存在だっただけに、なくなる影響は大きいと思います。
 とはいえ、この雑誌を買い始めた頃の自分が、今の状況でやはり買うかと言われたら、たぶん買わないだろうと思うので、やはり時代の流れなんでしょうかね。

 でも、正直なところ、もう少しやりようがあったのではないかという気もします。
 最後の頃の誌面は、試合前後の選手のインタビューばかりで、格闘技ファンであっても好きな選手が大きく載っていたりしない限り、買いたいと思いにくいような作りだったように思います。編集的な工夫があまり見えないというか…。
 じゃあ、どうすれば良かったのかと言われると難しいのですが、個人的には、もう少し試合の内容というか、技術や戦略について深く追った記事が必要だったのではないかと思います。いくらネットの速報性が高いからといって、サッカー雑誌やボクシング雑誌がなくならないのは、そういう部分まで踏み込んだ記事が読めるからではないかと。
 前から何度も書いてますが、ある競技がブームではなく、きちんと根付くためには見る側がある程度、技術や戦術について知識を持つようにならないとダメなのだと思います。選手のキャラクターとか、人間関係のドラマとかに頼ってるうちはブームにしかならないと。
 サッカーも、Jリーグが始まった頃とかは選手のキャラクターとかドラマ的な取り上げられ方ばかりで、ただのブームだったのだと思います。実際、数年後には「Jリーグってまだやってたの?」っていう声を聞いたぐらいですから。
 それが競技として人気が定着したのは、たぶん「ゾーンプレス」なんて言葉(懐かしい!)を聞くようになった頃からだと思います。今では「中盤の厚みが……」みたいな話を普通にみんなしてますしね。
 そういう技術的、戦略的なものを“見る目”を育てる努力を、専門誌はしなければいけなかったのではないかと思います。せっかく選手当人にそういう話を聞く機会があって、写真などで展開できる誌面もあったわけですから。
 リング上で何が起きているのか? 選手はお互いに何をしようとしているのか? を知りたい人って結構いるはずだと思いますし、それがわかるとより観戦を楽しめるようになるし、選手に対する尊敬の念も強くなってくるはずだと思うんですけどね。
 そういうことができるはずの媒体が、なくなってしまうことは残念でなりません。難しいことは重々わかっていますが、復刊を祈っております。
[PR]

by masumania | 2010-03-02 23:23 | 仕事  

『空手LIFE』体重コントロールの話

c0013594_2351817.jpg フルコンタクト空手の専門誌『空手LIFE』という雑誌で、「動ける体をつくるための体重コントロール」という記事を書きました。ご覧の3月号は後編で、2月号に前編を書いています。
 どちらかというと、競技者のための減量法というよりは一般の人にも役立つ体重コントロールの方法なので、幅広い人に役立つ内容かと思います。
 簡単に言うと、基礎代謝を高めて太りにくい体にするということなんですが、すごくがんばって筋トレをしなきゃいけないとか、ランニングなどの有酸素運動を根を詰めてやらなきゃいけないという内容ではないので、キツいことが得意でない人も取り組みやすいかと思います。
 監修はFAT OFFという体重コントロール法を提唱し、こんな本の著者でもある佐々木豊氏。私も、結構な回数の減量を経験し、それなりのノウハウというかやり方、成功のためのポイントみたいなのをつかんでいたつもりですが、その辺りをうまく言葉にしている感じ。「これを食べれば痩せる!」みたいな単純な答え(そしてほとんどの場合、間違っている)を求めている人には物足りないかもしれませんが、ある程度わかっている人、自分の体と向き合えている人には響く内容だと思います。
 一般の書店には、あまり置いてないみたいですが、リンク先から通販で入手できますので、興味を持っていただけた人は読んでみてください。
[PR]

by masumania | 2010-03-01 23:03 | 仕事