<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

リチウムイオン電池の記事

 日経BPのweb『ECOマネジメント』で書いた記事が公開されました。「社会インフラのキーデバイス!? 進化止まらぬリチウムイオン電池」という記事です。
 電気自動車(EV)用のバッテリーとして注目を集めているリチウムイオン電池ですが、それだけではなく、太陽光発電など自然エネルギーで発電した電力を蓄えておくデバイスとしても期待が高まっています。昼間しか発電できない太陽光発電でも、バッテリーに蓄電しておけば夜間に使えますからね。不安定になりがちな自然エネルギーによる発電を、一度バッテリーに貯めておくことで送電網の安定化を図ることもできます。EV時代になると、エンジンにあたるモーターよりも、バッテリーでの競争がキーになってくると予想されていますし。
 そんなことで「社会インフラのキーデバイス」というタイトルを付けていますが、そんな電池が最近ではノートパソコン用の小型電池を組み合わせることで作られるようになっています。パソコン用の電池でクルマが動いちゃう時代なんですね。
 そんな動きを追った記事です。無料&無登録で読めますので、興味を持ってもらえた方はぜひ。
[PR]

by masumania | 2010-02-28 00:13 | 仕事  

Bicycle magazine Vol.17

 遅くなってしまいましたが、毎号記事を書かせていただいてる『バイシクルマガジン』のVol.17が発売になっています。
 今回の特集は「Kids Biker」子ども用の自転車とか、子ども乗せの自転車、そして子どもと一緒に楽しむ自転車生活のススメです。私も子持ちの自転車乗り、しかも保育園の送り迎えに自転車が必要だったり、上の子が自転車に乗りたがる年頃になってきたこともあり、興味津々の内容です。
 そんなわけで、今回は結構なページ数を書かせてもらいました。巻頭のコラムとか、子ども向けの自転車やグッズの紹介、それにうちの近所のお店の紹介まで。ついでに連載ページも今回からリニューアルして2ページになっています。(文章はともかく、写真がキツい…)
 子持ちの自転車乗り、それも自転車マニアだけでなく今はママチャリに乗ってるお母さんまで、楽しめる内容になってます。書店では、自転車雑誌のコーナーだけでなく、子育て雑誌のコーナーにも置いてもらいたい感じ。
 興味を持っていただけた方は、ぜひ書店で手に取ってみてください!
c0013594_312432.jpg

[PR]

by masumania | 2010-02-27 23:02 | 仕事  

電動アシスト自転車の記事

 毎度お馴染みの『ECOマネジメント』で、今度は「新たなビジネスの起爆剤に 加速する電動アシスト自転車」という記事を書いています。
 1年ちょっと前にも電動アシスト自転車の記事を書いていますので、そちらと合わせて読んでいただければ幸いです。

 今回の記事では、電動アシストの技術だけではなく、それを活用したビジネスなどについてクローズアップしています。ソーラー発電で充電できる駐輪場とか、宅配便や自治体などでの導入とかです。
 電動アシスト自転車は電気を使う分、普通の自転車よりはエネルギーを消費しますから、その電力をどうやって作るか(自然エネルギーが望ましい)とか、活用シーン(自動車やバイクからの乗り換えでないと意味ない)とかが重要になってきます。身近でも見かける機会が増えてますが、普通の自転車から電動アシスト自転車に乗り換えても、CO2削減の効果はないですからね…。
 そんな視点で読んでもらえればと思います。

 
[PR]

by masumania | 2010-02-17 23:51 | 仕事  

日経エコロジー3月号

c0013594_111590.jpg 今売っている『日経エコロジー』に書いた記事が掲載されました。リンク先の目次でいうと、一番下にある【レポート】 高効率化に挑む火力発電、鉄は水素還元技術に注力(124p)っていう記事です。
 以前に『ECOマネジメント』に書いた鉄鋼の記事が転載されただけなんですけどね。何にしても、環境業界(?)では有名な媒体なので、名前が載ったことはうれしいです。前半は、同じ取材班の北原さんの火力発電についての記事、後半が鉄鋼についての記事です。
 あと、どうでもいいことですが、掲載誌が送られてくる際に送り状に掲載ノンブルがきちんと書かれていたりとか、その上にそのページに付箋まで立てられていたりすると、受け取ったときに気持ちいいものですね。別にやらなきゃいけないことじゃないけど、そういう気遣いのできる(そういう余裕のある)編集部なんだなって思います。(内輪オチみたいな終わり方ですみません)
[PR]

by masumania | 2010-02-13 23:10 | 仕事  

タイヤのエコ技術

 お仕事紹介の記事が続いてしまいますが、日経BPのweb媒体『ECOマネジメント』「ラベリング制度がスタート 普及拡大もくろむエコタイヤ」という記事を書いています。
 ガソリンが高くなったりしてユーザーからの要求も高くなっている低燃費タイヤですが、この1月からその性能を全メーカー横断的にラベルで表示するラベリング制度が始まっています。今まではメーカーが違うと、どっちの性能が高いのか? はたまた同じぐらいなのか? わかりづらかったのですが、このラベルで随分わかりやすくなるのではないかと思います。
 記事の内容は、ラベリング制度の紹介というよりは各メーカーのエコタイヤの技術を紹介するもの。燃費を良くするためには転がり抵抗を少なくする必要があるのですが、そうするとグリップ力も下がってしまうので、各社ともその両立に苦心しているようです。
 わりとわかりやすくまとまっていると思いますので(自画自賛)、興味を持っていただけた方は読んでみてください。
[PR]

by masumania | 2010-02-07 12:16 | 仕事