<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

webで読めるお仕事

 現在、web上で読める記事について、リンクをまとめてみました。新しい記事が公開されたら、適宜更新していく予定です。
 媒体ごとに分けてあり、基本的には上に来ている記事が新しいものです。

●日経BP『ECOマネジメント』

早稲田環境研究所の広い業務展開
「ゼロから1」に商機を見いだす


新たな公共交通機関の一部に
根付き始めたカーシェアリング


検証事業や不動産に拡大のきざし
条例が新たな価値生むきっかけに


低燃費と経済性で人気上昇
小排気量2輪の高いポテンシャル


太陽光連携や直流配線も視野に
プレーヤーが描くビジネス戦略


非常用や電力平準化に貢献
インフラへ存在感強める二次電池


社会インフラのキーデバイス?
進化止まらぬリチウムイオン電池


新たなビジネスの起爆剤に
加速する電動アシスト自転車


ラベリング制度がスタート
普及拡大もくろむエコタイヤ


高効率化止まらぬ鉄鋼業
技術最適化でさらなる頂点目指せ


ITがリユース部品市場を拡大
EV時代に備える自動車産業


東京モーターショー(2輪車編)
小さなボディーに収まる環境技術


東京モーターショー(後編)
新たなライフスタイル求めるEV


東京モーターショー(前編)
HVはメーカー思想問われる時代に


大きな可能性を秘めた地熱発電
法整備で日本をエネルギー大国に


i-MiEVが好発進
社会とクルマの近未来図描く?


好評維持するエコカー減税
低炭素社会への貢献なるか


独自技術でエコカー競争に挑む
マツダの水素エンジン


国際標準と同等の指針を提示
フェアウッドめざす積水ハウス


持続可能な木材調達をめざして
認証制度を駆使する住友林業


実用化目前のITS
環境・安全の両立ねらう


ハイブリッド車の新勢力図
巨人に挑む「インサイト」


性能は石油系を超えた?
ここまで来たバイオプラスチック


開発すすむ燃料電池二輪
四輪よりも2ケタ安い?


低炭素社会の機運を受け
加速する電動アシスト自転車


次世代車のリーダー狙うトヨタ
キーワードは「適時・適地・適車」


CO2削減へ新たなアプローチ
iQで新ジャンル開いたトヨタ


低炭素社会に不可欠?
二輪車の環境性能の活かし方


革新技術で悪いイメージを払拭
日本で始まるディーゼルの逆襲


次世代自動車の勝者は?
日本車大手が競う新技術開発


新たな還元方法も視野に
「乾いた雑巾」に挑む鉄鋼業界


ゼロ・エミッション車のリーダーに
低炭素社会を見据えた日産の戦略


全英知を傾け
技術と社会の変革を
(吉川弘之 産業技術総合研究所理事長)


進化する交通システム
最先端ナビで交通流を最適化


2008年のエコカーを読む(前編)
「ECO」以外の付加価値競争始まる


2008年のエコカーを読む(後編)
現実性帯びる電気自動車普及


東京モーターショー2007から読む次世代自動車
エコ技術搭載は当たり前の時代に


地球温暖化と金融
中小企業対策をどう進めるか


地球温暖化問題を追い風に
トヨタとホンダが競うエコカー市場


ハイブリッド技術で
世界を席巻するトヨタ


●日経BP『ECO JAPAN』

「持続可能なモビリティへの一歩」
東京モーターショー2007



●リクルート『R25』

発売50周年で6000万台を生産!
スーパーカブのすごさに改めて迫る!

※R25のwebサイトのアクセスランキングで数カ月間1位となっていた記事です。

日本でも最近注目されつつある
フェアトレードの基準ってどんなもの?


酒酔い運転で、3年以下の懲役も!?
指導・取り締まり強化中! 自転車の交通法規に注意せよ


地球温暖化はやはり人間によるもの?
6年ぶりに発表されるIPCCレポートの中身とは?


じつは燃料の大量消費?
100%再生紙やゴミ分別の常識はエコじゃなかったの?


三宅島レースの開催決定で注目!
本家・マン島TTレースを知っていますか?


箱根ターンパイクが改称!
TOYO TIRESターンパイクは道路命名権ビジネスを加速するか


「幸せって何?」小国ブータンの国是
国民総生産ならぬ、国民総幸福量って何だ?


あれ、環境に悪いんじゃないの?
ディーゼルエンジンが欧州でエコカーとして人気のワケ


現在の総合格闘技への道筋を作った男!
前田日明氏に“総合”とは何か、あらためて問うてきました!


●インプレス『家電Watch』

そこが知りたい家電の新技術
三洋電機 空気清浄機「ウイルスウォッシャー ABC-VW24」~“水で空気を洗う”仕組みとは


●学研『GetNavi』別冊より転載

これが本命! 2007夏最新デジタル家電
[PR]

by masumania | 2009-01-29 07:25 | プロフィール  

最近のお仕事

 年明けからは、もっとマメにブログを更新するぞ!と思っていたのですが、このざまです。すみません。

 しかも、また月末恒例のお仕事紹介。
 紹介する媒体もだいぶお馴染みな感じです。
 まずは『スクーターファン』Vol.57。「ちょい古スクーター」特集で、新旧モデルを乗り比べた上での座談会のまとめをしています。
 各社の新旧モデルに乗ってみて思ったのは、日本メーカーのスクーターって本当に良くできてるなということ。旧モデルに乗ってもヘタリが少ないし(これは個体差もありますが)、完成度高くて「これ以上の性能は必要ないんじゃないか」と思うほど。それなのに、新型モデルに乗ると走り始めて10mぐらいで違いが感じられて「あ、こっちの方がいいや」と思うほど進化しています。
 どこのメーカーも不況で大変みたいですが、お金ないときこそスクーターの経済性の高さがクローズアップされてもいいと思うんですけどね。燃費いいからCO2の排出量だって少ないし、都内の移動だって快適だし。
 まあ、都内の二輪駐車場が充実してくれればですけどね、都内の二輪駐車場が充実してくれれば。

 次は毎号お馴染みですが、『格闘技通信』。いつものように、試合レポートのページを書いています。今回レポートを担当したMAキックの“狂拳”竹内裕二(Wikipediaにも載ってました)は去年見た選手の中で(その前から見てはいますが)、今話題のこの人と並んでインパクトのある良い試合をしてくれるイチオシ的な存在でした。その割に、まだ扱いが小さいんですけどね。

 あと、こちらも毎号お馴染みの『デジモノステーション』でも、いつものページを書いています。
[PR]

by masumania | 2009-01-28 23:11 | 仕事  

燃料電池バイク

 最近、少しずつですが「バイクとエコ」について書かせていただく機会が増えてきました。日経BP『ECOマネジメント』でも「開発すすむ燃料電池二輪 四輪よりも2ケタ安い?」という記事を書いています。
 前の記事で触れた『フリーライドマガジン』の電動バイクに続いて、今度は燃料電池バイクです。

 燃料電池車って四輪の世界では「究極のエコカー」といわれていながら、製造コストが高かったり(1億円とかいわれています)、燃料となる水素のインフラが整っていなかったりで普及が進んでいないのですが、コストの安いバイクが普及の一助になるかもしれないというお話です。
 インフラについても、水素タンクを脱着式にしてタンク交換で燃料補給をできるようにしていたり、水素を入手の簡単なメタノールから取り出す方式にしていたりと、バイクならではの工夫が見えます。
 燃料電池のモビリティは二輪車から普及していくのかもしれません。そうなったら、バイクがエコな乗り物だというイメージも社会に定着してくれるかもしれないですね。

 あと、「エコカーって色々あるけど、どれが一番いいの?」みたいな話を聞かれることがあるのですが、基本的に使い方次第なので、どれが一番とは言いづらいんですよね。
 これは次世代エコカーの本命は何か?って話と同じなんですが、基本的に今走ってるガソリン車が全て電気自動車になったり燃料電池車になることはないと思います。長距離トラックとかはしばらくディーゼルでなければならないでしょうし、近距離の移動なら電気自動車、長い距離を乗るなら燃料電池車というように適材適所が大切なのではないかと。
 そういう意味では「多様化」こそが次世代エコカーの本命といえるでしょう。もちろん、その中には自転車やバイクも入ります。近所のコンビニなんかは自転車で行けばいいし、多少距離があるならバイクを使えばいい。電車で事足りるものは(荷物の移動も含めて)電車を使えばいいし、今までみたいに「何でも車で」っていう社会ではなくなるでしょう。
 景気が悪くなったとたん業績が急に悪化した自動車業界の状況は、そんな時代への変化を表しているように思います。
[PR]

by masumania | 2009-01-16 22:23 | 仕事  

FREERIDE magazine Vol.20

 あけましておめでとうございます。
 今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 正月休み中に、いろいろとたまっていたネタを使って更新しようと思っていたのですが、全くできませんでした…。
 そんなわけで、新年一発目のネタはやはりお仕事紹介で。

 『フリーライドマガジン』の記念すべき20冊目です。今回からロゴが新しくなってます。表紙のかっこよさは相変わらずです。

c0013594_0342220.jpg


 特集は「モーターサイクルで行く旅」ということですが、私が書かせていただいているのは「電動バイクを考える」という記事。電動バイクといっても、KTMやスイスのQUANTYA(くあんちゃ??)というメーカーが作ってる競技用のオフロード車についてですが。
 とはいえ、その性能やスペック的な話ではなくて、電動バイクを使う上でユーザーとして考えなければならないこと、なんかを書いています。
 電気自動車や電動バイクってエコなイメージがありますが、その電気をどうやって作るかを考えないと本当の意味でエコにはならないんですよね。これは燃料電池車とかも同じで、水素をどうやって作るかみたいなことも考えなければならない。ハイブリッドカーまでは燃費の良い車をメーカーが作ってくれればそれでよかったのですが、その次のエコカーを考えるには、その燃料をどうやって作るかとか、インフラをどうするかとか車体以外にも考えなきゃいけないことが多いんですよね。
 でも、実はそこまで見えている人というのは少なくて、未だに燃料電池車とかを、ただ「排ガスを出さない究極のエコカー」みたいに紹介してる記事を見かけたりします。まあ、そういう小難しい話を身近なところからイメージしてもらえたらいいなと思って書いたのですが、うまく伝わっているかどうか…。読んでいただけた人がいましたら、感想なんかを書き込んでもらえるとうれしかったりします。

 ホンダも年末の社長会見で2010年までに電動バイクを開発するといってますし、ヤマハも販売をやめてしまった電動のパッソル-LとかEC-02とかの後継モデルを発売して欲しいものですね。その方が、競技用の電動バイクを開発するより、CO2を削減できるはずなので。
[PR]

by masumania | 2009-01-06 23:07 | 仕事