<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

全日本キック60kgトーナメント一回戦

 行って来ました全日本キックの「Kick Return」 トーナメント。

 詳しい結果や内容はスポナビとかを見てもらうのがいいと思いますが、結論からいうと、私の勝敗予想はほぼ全部外れました。
 でも、面白かったですね〜。何年に一回あるかないかの盛り上がった興行だったと思います。
 現場で見ていたことを感謝したくなってしまうような。

 実はバンタム級のタイトルマッチもあったのですが、それが前座扱い(?)ってのがすごいですね。内容は藤原あらし選手の一方的な完封勝ち。正直、ここまで差があるとは思ってませんでした。あらし選手強すぎ。

 で、トーナメントの第一試合。山本真弘選手vs大宮司進選手。私の予想は大宮司選手の勝利でした。理由は一発の攻撃力に勝ると思っていたから。
 結果は、山本選手がその一発の攻撃力を見せつけるように2RKO勝ち。出だしは大宮司選手のキレのあるミドルがヒットしていたのですが、1R後半から山本選手の右フックと左ストレートが顔面をとらえるようになり、2Rに入って大宮司選手の打ち終わりにきれいにフックからストレートをつないでダウンを奪取。ダメージの残る大宮司選手を最後はストレート→フック→ストレートで3回倒してKOでした。
 すみません。こんなパンチ力があるって知りませんでした。
 あと、近くに藤原会長が座っていたのですが、インターバルに右フックをかぶせて入れ、みたいなアドバイスを伝令使って伝えていたのですが、それがドンピシャではまっていたことにも感心しました。

 第2試合は石川直生選手vs村浜武洋選手。私の予想はヒジで切られない限り村浜選手だったのですが…。
 村浜選手にはかつてのスピードが全然ありませんでした。K-1MAXでやっていた頃のパンチ力もない。本来はMAXの70kgより今回の60kgの方がベストの体重に近く、スピードもパンチ力も発揮できるはずだったんですが…。
 自分と同じ歳で、かつての全盛期を知っている選手だけに、非常に寂しい気分になりました。まあ、石川選手も大昔アマチュアの頃にやっていたり(というかやられていたり)、仕事関係でもニアミスしたことがあったりで、勝手に応援していた選手なので、彼にがんばってもらいましょう。

 第3試合、前田尚紀選手vs梶原龍児選手。ボクシング出身の梶原選手のパンチが、ややディフェンスの甘い前田選手を早い段階でとらえると思っていたのですが…。
 まあ、そこまでの予想は間違っていませんでした。2Rには早くもカウンター気味の右がヒットして前田選手がダウン。しかし、そこから粘って、スリップ気味ではありますが、ダウンを奪い返します。そしてさらに梶原選手が左フックを当てて再び前田選手を倒す。そこまでで、やっと2Rが終了です。
 そこからの展開は本当に意地と意地、気持ちのぶつかり合いというか、身内の人が見ていたら心臓に悪いような打ち合いでした。前田選手は結構ローも当てて効いてもいたと思うのですが、途中からは取り憑かれたみたいにパンチで勝負に行きます。でも、ガードが甘いので要所要所で梶原選手のパンチもヒットする。お互いに自分のパンチが当たるもので、自らのダメージとかを省みずに打ちに行っちゃってます。
 会場は大盛り上がり。歓声と足を踏みならす音が後楽園に響きます。私も、いつの間にか声を出していたようで、終わったらノドが痛かったです。
 最後のラウンドまで続いた打ち合いは、最終的に前田選手が2回のダウンを奪ってKO勝ち。最後は左ミドルで梶原選手が前のめりに崩れ落ちてました。たぶん、自分の方が1回多くダウンを取ってるという思いを支えにしていたのが、1回めのスタンディングダウンを取られた時点で崩れてしまったんでしょうね。とはいっても、それまで立っていたのが不思議なぐらいのダメージ。試合後は救急車で病院に運ばれたようです。勝った前田選手もヤバいくらいのダメージだったとか。素晴らしい試合でしたけど、選手寿命は間違いなく縮まったでしょうね…。

 最後は大月晴明選手vsカノンスック・ウィラサクレック選手。この試合だけは、私も大月選手の勝利を予想していました。まあ、予想というより願望ですが。
 お互い重いパンチとローを武器にする選手だけに、序盤は静かなにらみ合いから、探るようなローの打ち合い。でも、そのローがヒットするとすごい音たててます。危険な武器を持つ2人。
 2Rに入って大月選手が仕掛けます。右のボディーを中心に重いパンチを連発。カノンスック選手も効いていたと思いますが、さすがに倒れない。ここで、力を込めたパンチをずいぶん連発してしまったことで、大月選手はだいぶスタミナをロスしてしまったようです。
 パンチを警戒してヒジを合わせるようになったカノンスック選手、3Rに入ると左のボディーストレートも使ってきます。スタミナ切れたところにもらうときつそうです。タイ人はやっぱりいやらしいですね。
 3Rは押され気味だった大月選手、4Rはうまくステップを使って距離を取り、スタミナを温存しようとしていたように見えました。そして迎えた最終5R、突っ込むようにして左フックをヒットさせ、効いたと見ると一気にラッシュ。2回引っくり返して、最後はレフェリーが止めに入ってKO勝ち。本当に意地で倒したような試合でした。
 大月選手は試合後、内容に納得がいっていないようで、さっさとリングを降りていましたが、これだけ粘る相手を、最後は意地で倒した辺り、やっぱりすごいですね。ちゃんと最終Rに勝負するために4Rは流していたし。スタミナ切れた状況でこういう頭が使えるって、結構すごいことだと思います。
 意外なことにタイ人相手には初勝利なんですね。おめでとうございます。

 久しぶりに見応えたっぷりの興行でした。次も楽しみですが、たぶんこれを超える盛り上がりにするのって、結構大変なんじゃないかと思いますね。結果的に残った選手は全日本の選手ばかりですし、お互いにやったことある相手との準決勝ですからね。
 某所で聞いた「もう一回他団体を4人入れてやればいいんだよ」というのが無責任ですが一番面白いと思います。今度は桜井選手とか増田選手も入れて。
[PR]

by masumania | 2007-08-26 22:21 | キック/格闘技  

Bicycle magazine Vol.2

c0013594_432377.jpg 前号でも原稿を書かせていただいた『BIcycle magazine』のVol.2が発売になっています。
 今回は一冊丸ごと旅特集です。なんだか前号よりデザインもかっこ良く、読むところも増えたような気が…。
 自分も制作に関わっておきながら、ページをめくるのがワクワクしてくる雑誌です。自転車という「物」ももちろんですが、自転車を楽しむという「こと」がいっぱい詰まってる雑誌だと思います。
 自転車に興味はあるけど、専門誌を手に取るのは抵抗があるという人から、自転車専門誌は読み飽きたというマニアな方まで楽しめる雑誌になっているはず。

 私はメンテナンスのページと、旅自転車のカタログページなどを書いています。
[PR]

by masumania | 2007-08-20 02:02 | 仕事  

久々に

 現役生活から逃げ出して以来、身内の試合以外は会場で観戦することも、ほとんどなくなっていたのですが、久しぶりにキックの会場に足を踏み入れて来ました。
 やっぱりいいもんですね。この緊張感というか、何となく張りつめたような空気感は。

 しかし、改めて見ると、こんなキツそうで痛そうなこと、よくみんなやってるなと感心してしまいました。
 見てるうちに体を動かしたくはなりましたが、生ズネ同士で蹴りあうのとかは、もうごめんだと思いました。あの音を聞いているだけで…。

 あと、リングサイドにいると、ついついセコンド気分で選手にアドバイスを送りたくなりますね。
 仕事なので、一切声は出さないようにしてましたが。
[PR]

by masumania | 2007-08-19 23:43 | キック/格闘技  

デジイチ購入

 仕事で必要になる機会が増えたので、去年から買いたいと思っていながら、未だに買っていなかったデジタル一眼のカメラを購入しました。
 sonyのα100とも迷ったのですが、「動いてるもの撮るならcanon」と言われてEOS KISS DIGITAL Xにしました。
c0013594_3341986.jpg

(せっかくのデジカメをケータイで撮ってUPする意味はあるのか?って感じですが…)

 レンズキットに75-300mmのズームレンズ(これは中古)を付けて、諭吉さんが9人ぐらいだったから、まあいいかと。
 先月は忙しかったし、自分へのご褒美ということで。(←仕事用じゃなかったのかよ…)

 ついでに、嫁さん用にこんなヤツも買っちゃいました。
 本体価格があんまり変わらなかったんですけど…。


 デジイチを買ったからといって、このブログの写真がきれいになるかというと、面倒くさがりなので相変わらずケータイで撮った写真ばかりだと思います…。
[PR]

by masumania | 2007-08-18 23:32 | 日々のつぶやき  

ECOマネジメント

 暑いですね。これも温暖化の影響かどうかは知りませんが、環境関係の仕事もがんばってます。
 日経BPの運営する『ECOマネジメント』というサイトの技術特集で、「トヨタとホンダの競うエコカー市場」という記事を書いています。
 興味を持っていただけた方はご一読を。
 そのほかにも、結構読みごたえのあるコンテンツがそろっています。ちょっとこ難しい感じではありますが…。

 ハイブリッドとかのエコカーにしても、日本の省エネ技術ってすごいものがあると思うんですが、なかなかそれが社会の中で活かされていないようにも感じます。
 まあ、温暖化に対して私たちの生活レベルでできることって、電力消費を少なくすること(発電で出してるCO2が国内では最も多い)と、自動車にあまり乗らないこと(その次に多いのが自動車)ぐらいでしょうか。
 私の場合、自動車に全く乗らないのは無理なので、都内の移動は電車かバイク、自転車にして、自動車に乗る時はエコドライブ心掛けてます。ガソリンも高いので…。
 あと、大事なのはそういうすごい技術を投入して作られた製品を買ってあげるってことですね。売れれば、企業はもっとその分野に力を入れるようになりますし、逆に売れなければ技術開発にもお金を使わなくなっちゃいますからね。
 応援する意味でも買ってあげると、意外と自分の財布にもやさしかったりするみたいです。最近の省エネ家電は特に。
 私もバイクが積めるハイブリッドカーが発売されたら買う…、かもしれません。
[PR]

by masumania | 2007-08-10 19:49 | 仕事  

頭の温暖化?

 我が家では、地球温暖化に配慮して、この夏はこれまでエアコンを使っていませんでした。
 赤ん坊をエアコンの風にさらしたくないなぁ、という思いもあったので。
 でも、さすがに暑すぎたので、先日エアコンをONにしてみたところ…、

 最近、ちょっと不機嫌でビービー言っている時間の増えていた娘がの機嫌が急によくなり、
 「やる気が出ない」と言っていた嫁さんも急に元気に夕飯の用意をはじめ、
 同じく「やる気が出ない」と仕事の効率が落ちていた私も、急にやる気が出て机に向かいはじめました…。

 おそるべし。エアコンの威力。
 現代人がここまでエアコンなしでは生きられない体になっていたとは…。
 (いや、娘は産まれてからこれまで、エアコンを体験していないはずだから、東京がそれだけ暑くなっているということか…)
[PR]

by masumania | 2007-08-07 09:23 | 日々のつぶやき  

CIRCUS 9月号

c0013594_3354893.jpg 最近のお仕事から。
 KKベストセラーズの『CIRCUS』9月号で「夏ムレ解消宣言」という巻頭特集の原稿を書いています。この季節はさまざまな雑誌で引っ張りだこの体臭や消臭の専門家、五味常明先生にお話を聞きながら原稿を作成しました。
 著作も何冊か読ませてもらいましたが、この世界の第一人者だけあって、内容も非常に理にかなっていて、目先の消臭法ばかりではなく、臭いを気にし過ぎてしまう現代人の心のケアの問題にもきちんと目が届いている人です。しかも、その辺の健康法の本にありがちなオカルト的な視点になっていないのもえらいところ。
 記事中でその辺がどこまで伝わっているかはわかりませんが、取材や執筆をしていて結構面白かった企画でした。
[PR]

by masumania | 2007-08-06 23:34 | 仕事  

いまさら…

 いまさらクビにするなら、なんでもっと早く辞めさせなかったんですかね?

 参院選敗北の責任を取らされたみたいなかたちですけど、この人一人の責任なんですかね?
 こんな法案も出してるみたいですけど、これだけ大敗の原因を「政治とカネ」の問題に矮小化しようとしてないですか?

 「私の国造りはスタートしたばかり」と言って自身は辞任しないようですが、その「私の国造り」に国民が「NO」と言ってるとは思わないんですかね?
 「小沢さんを選ぶか私を選ぶか」なんて言ってたんだから、この結果は国民は小沢さんを選んだってことになると思うんですが…。

 まあ、後任が育っていないとか、党内の事情もいろいろあるのだと思いますが、このままこの人で次の総選挙になると、一番喜ぶのは民主党のような気がしますけどね。
[PR]

by masumania | 2007-08-03 23:22 | 気になるニュース・言葉