<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

YouTubeって便利だな…

 見逃したK-1 MAXの試合も簡単に見られちゃいますね。映像が荒いのがちょっと…、ですが。

 で、感想などを。
 魔裟斗はえ〜! また、スピードアップしてましたね。パンチが特に速くなってましたが、ディフェンス能力の向上もすごいなと。ちょっと前までは、相手の距離に出たり入ったりを繰り返すパターンで、下がる時に攻撃をもらってしまったりしてましたが(サワーに倒されたのも、そのパターン)、今回はほとんど相手の距離に入りっぱなしでしたからね。ディフェンスに自信がないと、なかなかできないことですよね。
 常にプレッシャーをかける闘い方は、MAXが始まったばかりの頃のイケイケだった魔裟斗を彷佛とさせるものでした。しかも、個々の技術はすごくレベルアップしてる。パンチを効かせておいて、ヒザ蹴りにつないだり、相手がそれを嫌がるとヒザを連打したりと、ひとつの技術に固執せず、きちんと上下に打ち分けるところもさすがでしたね。
 でも、ここまでレベルの差を見せつけたら、倒したかっただろうなぁ。トーナメントになると、判定決着は体力的な負担が多いので、倒せる時にきちんとKOできるかどうかも大切な要素。前回、魔裟斗が倒しきれなかったオーレ・ローセンをサワーがKOして見せただけに、倒せなかったのはトーナメントに向けてちょっと不安な要素かなと思います。

 ブアカーオの試合も判定決着で、パンチで倒しまくってた昨年のトーナメントに比べるとインパクトは薄かったですが、前蹴りとミドルを多用する以前のスタイルに戻っていたことが逆に不気味でしたね。
 パンチで打ち合ってくれるスタイルの方が、魔裟斗にしてもサワーにしてもチャンスは広がったと思うのですが、あの前蹴りで突き放すスタイルで、しかもなかに入るとあの破壊力があるパンチが待ってるとなると、攻略は難しそうですね。

あと、ずいぶんスタイルチェンジしてレベルアップしたと感じたのがアルバート・クラウス。以前はパンチの技術は高いけど、それだけという印象だったのが、今回の試合ではパンチの後にきちんとローキックまでつなげるコンビネーションでカラコダを圧倒していました。ずいぶん自信を持って前に出続けプレッシャーをかけていたので、たぶん良い練習ができているんでしょうね。練習環境を変えたのかな?
 前は強引に前に出て打ち合い、そのなかでパンチをもらってしまうと、打たれ弱くなっているのか結構倒れてしまう展開が多かったのですが、上下に散らすコンビネーションを使うことで、パンチをもらうリスクも少なくできている感じでしたね。まあ、魔裟斗やサワーとやったらどうかはわかりませんが…。

 日本人選手では、佐藤は前よりやや手数を減らして「倒す」ことを意識したスタイルを模索しているように感じました。ローの蹴り方も前より重さを意識しているようでしたし、顔面へのヒザやハイキックも多くなってましたからね。顔面へのヒザからローというコンビネーションは、この人にしかできないだろうし、途中まで軌道が一緒だからやられる方も嫌だろうな…。
 世界トーナメントで勝つにはパンチ対策がポイントになるような気がします。
 小比類巻はローがよかったですね。頑丈なツグト・アマラが、日本人相手にあれだけローを効かされてるとこは初めて見ました。
 TATUJIは倒したかったでしょうね…。

 あと、ドラゴvsザンビディスの試合を見て、ヨーロッパ人て頑丈だなと思いました。技術だけじゃなくて、ああいうのとやって当たり負けしない体を作らなきゃいけないんだから大変ですよね…。
[PR]

by masumania | 2007-06-30 23:39 | キック/格闘技  

今週の『R25』と…

 今配布している『R25』で「6年ぶりに発表されたIPCCレポートの中身とは?」という記事を書いております。
 地球温暖化問題についてのニュースなどで、たびたび見かける”IPCCレポート”という言葉ですが、なかなかその中身までは知らないですよね。温暖化問題に注目が集まっているのは、映画『不都合な真実』が公開されたこともありますが、このレポートが発表されたことの方が要素としては大きいような気がします。
 その割に、内容をわかりやすくまとめた物がないんですよね。環境省のHPでも訳が読めるのですが、あまり読みやすいとはいえない出来だし…。そんなわけで、誰かがわかりやすくまとめてくれた話が聞きたいなと思って企画した記事です。

 内容については、記事を読んでいただければと思いますが、ちょっと補足しておきたいのが解説してくれた先生の言葉。温暖化に対して私たちができることは? という質問に対する答えでしたが、「企業ががんばって開発した省エネ製品などを買ってあげること」という言葉です。
 これは別の人に取材した際にも伺った言葉なのですが、結局企業は営利団体ですから売れない製品は作れない。逆に、省エネやエコな製品が売れるとなれば、それは企業にとってはすごい追い風になるわけです。そういう意味で、消費者の持っている力って予想以上に大きいんですよね。
 例のミートホープ社の事件で、社長が「安い製品ばかりを求める消費者も悪い」みたいなことを言ってましたが、これは本当に悪い例で、消費者が安い製品ばかりを買うと企業も安さばかりを追求するようになってしまう(ミート社の例はその範疇を超えていると思いますが)。逆に、多少高くてもトレーサビリティを追求した製品の方が売れれば、企業はそっちの方向に努力するようにならざるを得ないはずなんです。
 物を買うという行為が、実は大きな投票行為なんだと思えば、たまにしかない選挙よりも意思表示する機会はいっぱいあると思うんですけどね。


 えらそうに色々書いてしまいましたが、出がけにバタバタしていたら、まんまと楽しみにしていたK-1 MAXのビデオ録画を忘れました…。
 どなたか、ビデオ録った方がいたら、貸してください…。
[PR]

by masumania | 2007-06-28 23:53 | 仕事  

以前に書いた

学研『デジタル購入ナビ』の原稿が、Yahoo!の特集に転載されてます。まあ、ギャラは出ないのですが…。よかったら、御覧になって下さい。
 あと、近々のお仕事だと、いつもの『デジモノステーション』の巻頭ページは書いています。今、店頭に並んでる号ですので、こちらも見てやって下さい。
[PR]

by masumania | 2007-06-27 23:33 | 仕事  

先日のK-1

 オランダ大会のビデオを見ました。
 衝撃だったのは、ルスラン・カラエフとメルヴィン・マヌーフの一戦ですね。向かい合ったところを見ると、カラエフの方がひと回り以上大きかったので、「スピードもあるし、マヌーフは厳しいだろうな」と思っていた直後にあの結末!
 本来90kg以下で試合をしてる(しかも総合の選手)のに、一発で倒してしまうあの破壊力はすごいですね。まあ、カラエフが多少打たれ弱くなってる気もしましたが。本当、あれに勝ったユン・ドンシク選手とか秋山選手はすごいなと思いました。マヌーフは柔道家と相性が悪いんですかね?

 正直、あとの試合はそれほど印象に残っていません。サップの敗戦も予想通りというか、予想より早かったぐらいだし…。アーツのヒザ蹴りがポイントになるんじゃないかと思ってましたが、一発目で決まっちゃいましたからね。
 とはいっても、アーツの悪い癖でいきなり体をパンチにさらすかたちになる右ヒザ蹴りから入っちゃうと、右のパンチをもらっちゃって倒される可能性もあったので、その辺はやってみないとわからない部分ではあるのですが。アーツがレコやレ・バンナにKOされたのも、強引に右ヒザを出しに行って、そこに右パンチを合わせられるパターンでしたし。

 メインは…、あれだけリーチのある選手に、倒すだけの威力のある左ストレートや前蹴りで距離取られたら、リーチも短く飛び込んでのパンチしか武器のない選手にはどうしようもありませんよね。まあ、詰めが甘くて倒せなかった大巨人もどうかと思いましたが。


 今年はじめの頃の興行では、いい試合が多くて昔の雰囲気が戻って来たように感じていたK-1ですが、また大味な感じに戻っちゃいましたね。ちょっと残念です。
 まあ、今週28日に行われるK-1 MAXに期待したいと思います。やっぱりスピードと技術のある中量級ですよ。
[PR]

by masumania | 2007-06-26 04:40 | キック/格闘技  

G-SHOCK PERFECT BIBLE

c0013594_2534130.jpg ひとつ宣伝を忘れていました。学研の『G-SHOCK PERFECT BIBLE』でも原稿を書いています。Gショックの基礎知識とテクノロジーのページ。ハイテクをあの耐衝撃ボディに搭載するのは、なかなかの苦労があったようです。

 それにしても、こうやって自分の仕事を並べてみると、俺って何屋なんだろう?って感じですね…。まあ、「書き屋」なんだと思ってますが。
[PR]

by masumania | 2007-06-22 23:50 | 仕事  

Bicycle magazine Vol.1

c0013594_4412763.jpg またまた、お仕事ネタばかりで恐縮なのですが、新しく創刊された『Bicycle magazine』という雑誌、今までになかったゆるい感じの自転車雑誌ですが、そこでも結構原稿を書かせていただいてます。自転車は好きで乗ってるけど、自転車雑誌は読んでなかった人とか、「自転車っていいかも」と思いながらまだ手を出していない人にはぴったりな雑誌かと思います。自転車雑誌にありがちな専門用語とか全然出て来ませんから。(書いてる本人が専門用語とか知らないし…)

 まあ、でも自転車の仕事をすると毎回そうなのですが、新しい自転車が欲しくてたまらなくなります。そして、今回はその欲求から逃れられなさそうな気が…。
[PR]

by masumania | 2007-06-21 04:39 | 仕事  

最近のお仕事

c0013594_3544682.jpg すっかり放置ブログと化していました。すみません。更新しようとしたら、トラブルでできなかったりしてやる気をなくしていました。
 久々の投稿ですが、またお仕事ネタです。つか、最近仕事しかしてません…。

 まずは宣伝会議で出している『人間会議』という雑誌。「幾度も挫折から立ち直ったチャーチル」という内容で学習院大学名誉教授の河合秀和先生にお話を聞いています。

もう、結構前の号になってしまいましたが『R25』では「100%再生紙やゴミ分別の常識は、エコじゃなかったの?」という記事を書いています。内容を補足すると、製造時に排出されるCO2の総量は木材パルプから新しく紙を作る場合の方が多いみたいです。でも、木材から採れる黒液を燃やしても、排出されるCO2はカーボンニュートラルの考え方に基づいてカウントされないだけで。
 100%再生紙がエコじゃないっていうわけではなく、地球温暖化で化石燃料由来のCO2排出量に注目が集まってるという面が強いと思います。熱帯雨林や原生林を切り開いて紙を作るよりは、古紙パルプを使った方が全然いいでしょうし。
 ただ、「木を切って紙を作る」っていうと、あまりいいイメージはありませんでしたが、適切に管理された人工林の木材を使うなら、木はいわば数十年で作れる再生可能なエネルギーですし、育つ間にCO2も吸収するから、悪いことはないと思うんですけどね。実際に製紙業界では、そういう適切に管理された森林の認証制度なんかもできているようです。

  あと、今売っている『CIRCUS』という雑誌でも、ケータイ絡みの小さい記事を書いています。
[PR]

by masumania | 2007-06-20 23:53 | 仕事