<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

Clubman No.249

c0013594_2292476.jpg 執筆歴より読者歴の方がはるかに長い『クラブマン』。今回は巻末特集に企画・編集から関わらせてもらいました。イタリア製のスクーターや小排気量車”イタリアン・ミニ”の特集です。
 イタリア製のバイクは個性的なデザインと、その走りの熱さが特徴。それはスクーターや小排気量車であっても変わらず、デザイン面での手抜きは一切感じられません。なぜ、このクラスのバイクにここまで手をかけられるのか、正直理解に苦しむほどです。
 走りの方も、気持ちを熱くさせる乗り味はそのままで、寒い中でしたが非常に楽しい試乗でした。街中で見かける(下品な改造がしてあることも多い)国産スクーターとはひと味ちがった完成度。正直かなり欲しくなってしまいました。
 以前にイタリアを訪れた際に目にした光景や感じたことを文章にできたり、なぜか編集後記まで書かせていただいてたりと、個人的には思い入れの強い号です。こちらも走りの写真が載っているのが恥ずかしいところですが。
[PR]

by masumania | 2006-01-31 02:23 | 仕事  

Scooter fan Vol.39

c0013594_213513.jpg 1月のお仕事の続きです。今回からお仕事をさせていただくようになった『Scooter fan』のVol.39です。スクーターというと若者の乗り物的なイメージがありますが、この雑誌は結構大人向けの作りでいい感じです。
 50ccスクーターのインプレッション記事を書かせていただいています。台湾製のスポーツスクーターの元気の良さにびっくりしたり、ホンダのスーパーカブの意外な走行性能に改めて感心したり、色々と発見の多い試乗でした。寒かったですが楽しかったです。
 記事の中でライディングしている写真が載っているのが少し恥ずかしいですが。
[PR]

by masumania | 2006-01-31 02:11 | 仕事  

1月のお仕事

 諸事情によりネット接続が安定しない状態だったため、更新が滞っていましたが、つながるようになったのでまとめて更新します。
 c0013594_20931.gif まずは1月発売の雑誌のお仕事から。ひとつめは『アスキー・ドットPC』の3月号。別冊付録の「このウェブページがすごい! 2006年版」のライティングを一部担当しました。日常生活ですぐに役立つサイトを117サイト厳選して紹介しています。私も初めて知るサイトもありましたが、実際結構役に立ちます。いくつかは自分のPCのブックマークにも入れて保存してあります。

c0013594_261888.gif もうひとつは毎月の定番ともなっていますがソニー・マガジンズの『デジモノステーション』。今月は2ページを執筆しています。相変わらず私の物欲を刺激してくれるので、見本誌が届いてもあまり細かく見ないように心がけているのは内緒です。
[PR]

by masumania | 2006-01-31 01:57 | 仕事  

ホリえもん逮捕

 | Excite エキサイト : ニュース<ライブドア>堀江社長ら逮捕

 なんか、納得行きませんね。
 さんざん「勝ち組」の象徴として持ち上げて、自分たちの進めたい「改革」の宣伝に使っておいて、利用価値がなくなったとたん「出る杭は打つ」みたいなやり方は。
 個人的にはホリえもんは好きじゃないというか、どちらかというと嫌いな方なのですが、今回のはちょっと同情してしまいます。
 なんか、耐震強度偽装事件が小嶋社長ルートで自○党の上の方まで行ってしまいそうだから、そこから目をそらすためにやってるような雰囲気もありますし…。

 これで「株価至上主義」みたいな風潮が一段落してくれるなら、それはそれでいいのですが、「やっぱり出過ぎちゃいけないんだ」とか「三○谷みたいにきちんと根回ししないとダメなんだな」みたいな、日本社会の悪い部分ばかりが受け継がれるような教訓ばかりが残ってしまいそうで。
[PR]

by masumania | 2006-01-23 21:06 | 気になるニュース・言葉  

先日の出来事

 忙しい時に限ってパソコンの調子が悪くなります。うちのPowerBook G4も、まるでインテルMacの発売に合わせるかのように処理速度が急落しました。テキストを打っているだけでも変換が全然追い付いて来ないほど。あきらかにヤバイ兆候です。

 その日は夜を徹して書かなければならない原稿があり、1分1秒でも惜しいような状態。本当はそんな時間もないのですが、夜中になって動かなくなっても困るので、取りあえず新宿までメンテナンスソフトを買いに行くことにしました。
 Mac売り場の店員に「OS10.2.8にオススメのメンテソフトをくれ」といったら、テックツールProというソフトを薦めてくれたので、そのまま購入して帰宅。早速、開封して我がPowerBookに挿入したのですが「OSが対応していません」みたいなメッセージが・・・。
 よくよく箱を確認したら、対応OSが「10.3以上」となっていました・・・。箱を確認しなかった私が悪いのか、これを薦めた店員が悪いのか。

 しばし、脱力して動けなくなってから、気を取り直して買ったお店に電話。事情を説明したら「大変申し訳ありません。取りかえさせていただきます」とのこと。しかし、もう時間も遅く、明日店に来てくれと言われました。
 目の前のパソコンはこの夜を越えられるかも怪しいような状態。しかも、わざわざ新宿まで出ていまったので、仕事は遅れていて明日になっても新宿まで行くような時間は作れそうにありません。
 さらに、よくよく話しを聞いてみたら、テックツールProのOS10.2.8に対応したバージョンは今は店頭に出していないとのこと…。

 ちょっと待てよ。あの店員は店頭に出してもいないソフトと間違えて、これを売り付けたのか?
 だんだん腹が立って来たので、「明日はそんな時間作れないし、早くメンテナンスができないと困る。その店員の対応も納得できないし、別の対応策を考えてくれ」と、たちの悪いクレーマーみたいなことを言ってごねてみました。
 そうしたら、上の人と相談してくれたようで、翌日うちまで届けてくれることになりました。

 次の日、寒風吹き荒むなか、うちまで対応品を届けてくれたのは、どう見ても間違えたソフトを薦めてくれた例の店員でした。
 本当にありがとうございました。
[PR]

by masumania | 2006-01-21 01:28 | 日々のつぶやき  

みんみんだーはー

c0013594_19201094.jpg 希望どおりに(?)新年早々刺激的な日々が続いております。この1週間でまともに寝られたのは2日。完全な徹夜が同じく2日。

 一睡もしないままジムに練習に行ったら、さすがにキツかったです。大して動いてもいないのに、妙に息が上がります。反応の速度も鈍くなってるようです。危ないので、今後は自粛しようと思いました。

 写真に写ってるドリンクにもお世話になりました。でも、値段の割に効かなかったような…。コーヒーばっかり飲んでるので、この程度のカフェインでは効かなくなってしまっているのでしょうか。思い込みの問題かもしれませんが、リポDの方が元気がでるような気がしました。

 夜中に気分転換代わりにコンビニに買い出しなどによく行くのですが、ドリンク剤をたくさん買ったら「ありがとうございます」ではなく、「お疲れさまです」と言われてしまいました…。
 そんなに疲れた顔してたのかな?
[PR]

by masumania | 2006-01-15 19:18 | 食べ物ネタ  

『FREE RIDEマガジン』002

c0013594_0165322.jpg 「バイクに乗ること」そして楽しむことをテーマにした新しいスタイルのバイク雑誌『FREE RIDEマガジン』の第2号です。創刊号を読んで非常に共感し、編集部に連絡を取って半ば強引に記事を書かせていただきました。
 記事の内容も、いつもバイクで遊んでもらっている人のバイク遊びのスタイルを紹介する記事や、よく走りに行くコースの紹介なので、かなり遊びの延長のような感じで楽しくお仕事させてもらいました。(「取材」と称して動いてましたが、遊んでるようにしか見えなかったと思います)
 私が書いた部分以外にも読みごたえのある記事が多く、写真もかなりカッコイイ感じで、今までのバイク雑誌とはひと味違った仕上がり。ぜひ手に取って見ていただきたい雑誌です。そして、できれば買ってください。
[PR]

by masumania | 2006-01-06 23:14 | 仕事  

大晦日の感想

 すっかり格闘技三昧で、大晦日は何もできませんでした。
 たくさん試合があり過ぎて、頭の中が整理できていないのですが、忘れないうちに感想などを書き留めておこうかと思います。

 全体的になんとなく見ていて切ない気持ちになる試合が多かったですね。個人的には。
 おそらく、最も注目を集めていたであろう吉田vs小川の対戦は1Rで吉田の一本勝ちでした。総合格闘技11戦目にして初めて柔道着を脱いで試合に望んだ吉田の決断と、真剣勝負の舞台でギリギリの闘いを繰り返してきた経験の差が出た試合だったと思います。予想外に一方的な展開になりました。
 個人的には真剣勝負の世界で生きて来た吉田が勝ったのは喜ばしいことのはずなのですが、終わってみると結構切ない気持ちになっていました。小川有利との予想がはずれたということもありますが、実は自分が意外にも小川のことが好きだったらしいということに気付かされました。

 そして、一番切ない気持ちになったのは五味vs桜井の一戦。桜井は私と同じ世代ですし、知り合いの親友だったりとちょっとした縁があった関係で、かなり応援している選手でした。かなり桜井よりに予想して5:5と書きましたが、予想以上に五味との実力差はあったようです。
 序盤には五味の左ストレートにドンピシャのタイミングで左フックを合わせていたり、ローキックを効果的に使っていたりと「結構行けるかも」と思わせる動きを見せていたのですが、五味のパウンドをもらってしまった辺りから、一気に流れを持っていかれましたね。選手としての勢いは“気持ちの勢い”みたいなものの差が出た一戦だったと思います。
 でも、やっぱり同世代の選手が若い選手に倒されるシーンは、見ていて切なくなりますねぇ…。

 須藤元気と山本KIDの対戦も、何となくやりきれないような気持ちにさせる結果でした。須藤が負けたということよりも、最後のレフェリーストップのタイミングがやや早いような気がしたので、そのことに対する不満ですけどね。あれは、止められた選手としては悔しいでしょうね。確かにパンチは効いていましたが、目もしっかりしていたし、ディフェンスの体制もちゃんと取っていたので、もう少しやらせてあげてもよかったかと思いました。
 いつもはレフェリーが止めるのは早い方がいいと思っているのですが、今回はあそこで止められなければ結果は変わっていた可能性もあると思えるだけに、不満の残るストップでした。

 アーネスト・ホーストがセーム・シュルトに敗れてしまったのも、切ない気持ちにさせる結果でした。
 あと、自分でボビーの勝利を予想しておいて何ですが、曙が負けたのも彼の不遇な境遇を思うと切ない気持ちになってしまいました。まあ、プロレスでは稼いでるみたいですから、心配することはないのかも知れませんが…。
 金子賢も予想していた結果とはいえ、柔術がベースと言っていたのだから腕十字で負けることはないのではないかと…。もっと気持ちよく打撃でぶっ飛ばされて欲しかったです。金子賢が嫌いなわけではなく、格闘家としての今後を考えるとですけどね。そういう意味で不満が残りました。

 切ない気持ちになる試合ばかりではありませんでしたけどね。
 菊田と滝本の一戦なんかは、柔道の実績では大きな差がある滝本を総合格闘技の世界で実績を積んで来た菊田が圧倒して見せるなど、総合格闘技が競技として成熟して来ていることを感じさせてくれました。
 小川vs吉田戦もそうでしたが、もはや柔道や他の格闘技の貯金だけで勝負できる世界ではなくなって来ていることを証明していると思います。
 そういう意味では、魔裟斗がボクシング出身の大東を圧倒した試合もよかったのかもしれません。個人的には見ていてちょっとかわいそうになってしまいましたが…。

 TBSとフジの勝負という意味では、視聴率競争の結果は知りませんが、フジ(PRIDE)の圧勝だったと思います。きちんと「勝負」に焦点を当てた番組作りではやはり、フジに一日の長があるのかなと。何よりもTBSは解説者がよくなかったですね。明らかに偏った解説は聞いていて気分悪かったです。
 TBS側はマッチメークもよくなかったですね。話題先行というか…。アーツやレ・バンナに総合をやらせて何の意味があるのかわかりません。マッチメークをしているのも、解説をしているのと同じ人ですが…。
 話題も大切ですが、見ていて面白いと思える内容のある試合でないと、せっかくの格闘技ブームも尻すぼみになってしまうと思うんですよね。
 もっと勝負や内容にこだわったマッチメークを期待したいところです。
[PR]

by masumania | 2006-01-02 23:45 | キック/格闘技  

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 結局、大晦日の格闘技フィーバーの興奮が冷めやらぬまま、年賀状を書いたり、ちょこちょこと片づけをしたりしてるうちに夜が明けてしまいました。

 思えば、このブログを始めてから約1年。振り返ってみると昨年も色々なことがありました。仕事でも多くの新しい出会いがあり、新しいジャンルの記事を書かせていただいたりと、とても幅が広がった1年でした。(取り引き先が広がった割に収入が減ってしまったのが気になりますが、まあ、それは今年への布石だったのだと思います。いえ、思うことにします)

 「終わってみれば今年も早かったなぁ」というような言葉をよく耳にしますが、実は僕、そう思ったことってほとんどありません。キックの試合に出ていたり、明日も知れないフリーランスの仕事などをしているせいでしょうか。
 1年前に同じように夜通し年賀状を書いていたことなどを思い出すと、ついこの前のようで「1年てあっという間だなぁ」と思うのですが、試合に向けての練習や仕事のきつかった状況などを思い出すと「やっぱりこの1年長かったなぁ」と思ってしまいます。それだけ中身の濃い1年を過ごしていたということでしょうか? というよりもたぶん、それだけ日々を生きるだけでいっぱいいっぱいになってたという余裕のなさの表れでしょう。
 でも、そういう生活はキライじゃありません。
 同じ日々の繰り返しで刺激のない生活だと、たぶんすぐに飽きてしまうでしょうから。
 今年も、過ごすだけでいっぱいいっぱいになってしまうような茂樹的、もとい刺激的な1年になってくれればなぁと思います。

 あ、でも刺激ばかりだと疲れてしまうので、適度でいいんですけどね。
 刺激も毎日続くと日常になっちゃいますから。
 緩急が大事です。

 本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by masumania | 2006-01-01 07:40 | 日々のつぶやき