<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

台湾 シャッフル

 買ってしまいました。ニセiPod shuffle。
c0013594_358736.jpg

 正式名称は「Super Tangent」。デザインはそのまんまパ○リです。当初は「Super Shuffle」という商品名で売り出す予定だったようですが、さすがにそれはまずいと思ったのか、この名前になったようです。
 前からMP3プレーヤーなどのメモリーオーディオは欲しかったのですが、「Mac対応でFMラジオとボイスレコーダー機能が付いて、デザインも悪くなくて、メモリーは1GB以上で、値段は1万円代」という無茶な基準に適合してくれていたため、即購入。まあ、「ネタになりそう」という付加価値(?)も大きな理由ですが。

 使ってみての感想ですが、まず感じたのが「説明書を読むのが面倒」ということ。別に説明書が中国語で書かれているわけではないのですが、私の方が「説明書を読む」という行為ができない体(頭?)になってきてしまっているようです。
 最近のケータイやパソコンなどは、説明書を見なくても、だいたい勘でなんとかなってしまうものばかりなので、説明書の読むことにご無沙汰してしまっていたせいでしょうか。それとも単純に歳のせいかな・・・。

 だいたい、本家iPod shuffleは音楽再生に機能を絞ることで、あのディスプレイを持たないボディ・デザインを成立させていたのに、そこにFMラジオやボイスレコーダーなんかの機能を追加しちゃってるんだから、無理もない話です。一応、2色のLEDが搭載され、その光り方で再生などの状態がわかるようになっているのですが、そんなもの憶えきれるわけがないので、説明書を見ながらひとつひとつ確認していくしかないんです。

 液晶ディスプレイがない代わりに、音声によるナビゲート機能が搭載されているのですが、これはちょっと面白かったです。ラジオ局のサーチの操作をすると「searching up」のように渋い男性(!)の声でナビゲートしてくれます。受信している周波数も音声で案内されます。
 ラジオの感度も思っていたほど悪くないです。でも、サーチのスピードはイライラするぐらい遅いですが・・・。

 音質は・・・正直なところ私の耳ではわかりません。音楽データのコピーも、いちいちドラッグ&ドロップしてやる必要はありますが、あまり容量のないフラッシュメモリ型なので、問題ないでしょう。

 一番不満なのはコレ↓。
c0013594_4204041.jpg

 USB端子のカバー部分の造りが悪くて、きっちり閉めたつもりでも段々はずれてきてしまいます。絶対なくしちゃうよ、コレ・・・。

 とりあえず、本家shuffle用のケースでも買ってきて、落とさないように対処したいと思います。


 ちなみに今回のタイトルですが、このニセshuffleの存在を教えてくれた友人に「“ニセ シャッフル”とかで検索すれば出てくるよ」と言われてやってみたのですが、さすがにそれでは出てこなくて、次に入れてみたキーワードが表題の言葉。なんか語感がいいので気に入っています。
[PR]

by masumania | 2005-07-29 00:54 | その他  

格闘技ブームの功罪?

 先日、お仕事でご一緒したある女性編集者との会話。

「増谷さんてキックボクシングやってるんですよね?」
私「はい。一応」

「キックボクシングって何やっていいんですか?」
私「殴っても蹴っても。あとヒジ打ちとかヒザ蹴りもOKです」

「結構なんでも有りなんですね。逆に何はやっちゃいないんですか?」
私「掴んで投げたり、寝技とか関節技とか。あと、倒れた相手を蹴るのも反則です」

「へー。
でも、倒れたところ蹴っちゃいけないって何か納得いかなくないですか?

私「いや・・・、そ、そんなことはないですが・・・」


 PRIDEとかの総合格闘技をテレビでお茶の間に流すの、少し考えた方がいいかも知れませんね・・・。
[PR]

by masumania | 2005-07-27 23:36 | キック/格闘技  

今売っているスペリオールで

 西原理恵子の漫画が好きなのですが、今売っている『ビッグコミック・スペリオール』に掲載されている「うつくしい のはら」という作品は、本気でヤバかったです。コンビニで立ち読み中に思わず泣きそうになり、あわてて買って帰りました。家で読んでても、ガラにもなく涙が出てきます。
 “PLUTOによせて”というサブタイトルが付いているこの作品、手塚治虫漫画賞を受賞した浦沢直樹氏の「PLUTO」に合わせて、同賞の短編賞を受賞している西原版の「プルート」ということになっています(巻頭には浦沢氏との対談も収録)。でも「西原のあの絵でどんなロボットを描いてくれるんだろう?」とか「あの毒でどんな風に浦沢に噛み付くんだろう?」と期待していると見事に裏切られます。と、いうよりロボットなんかどこにも出てきません。
 これ以上、ここで内容について書くのは控えますが、「西原のあの毒の強いギャグや絵はちょっと・・・」という人にこそ読んでもらいたい作品です。コンビニに行けば置いてありますし、中央のカラーページなのですぐにわかると思います。立ち読みでもいいので、目を通してみることをオススメします(コンビニで涙ぐむとかなり恥ずかしいので、買って帰ることを推賞いたしますが)。

 戦争とか平和、貧困とか南北問題、さらに人間の本質に関わるものが色々あって識字とか教育とか、12ページの中で色々なものを感じさせてくれます。
「漫画に限らず、文学や映画界などまで含めて、今の日本でこんな作品が描けるのはこの人だけなんじゃないか」という感想は、持ち帰った家でこれを読んだ我が母親の言葉です。
[PR]

by masumania | 2005-07-26 23:22 | 本/マンガ  

K-1 WORLD MAX '05

 非常にレベルが高くて面白い内容の試合ばかりでした。でも、テレビの前で、途中からはかなりしらけた気分で見ていました。原因ははっきりしない判定基準や運営の仕方です。
 まず、一回戦のジョン・ウェインvsクラウスの試合。1Rはクラウス優勢、2Rはジョン・ウェインが押していて、3Rは前半がジョン・ウェインで後半がクラウスのペースで、どちらとも取れる内容。で、判定の結果が30-29でクラウスというのが納得いきません。29-28ならわかりますが、明らかにジョン・ウェインが押していた2Rのポイントが付いていないというのはありえないと思うのですが・・・。
 次に脚を骨折した魔裟斗選手の代わりに安廣選手が出場した準決勝。その前の試合で負った安廣選手の傷口が開いてドクターストップという後味の悪い結末でした。ルールにある以上、仕方のないことなのかもしれませんが、負傷している選手、それも試合を止められるほどの傷を負っている選手をリザーブで出場させるのはどうなんでしょうか? 結果がああなってしまうと、見ている側も「アンディ・サワーおいしいな」としか思えないので、ちょっと考え直してもいいのかなと思う場面でした。
 決勝戦については判定がどうこう言う前に、テレビで1Rから放送されていないのでわかりません。5Rもあったので全部を放送するのは無理があったのかも知れませんが、もう少し見たかったと思います。判定までの過程を見ていないので「アンディ・サワー優勝!」といわれても、何となく釈然としない気分が残ってしまいます。レベルは高い内容だったみたいなので、ちょっともったいない気がしました。

 全体的に、試合内容がよかったのにも関わらず、スカッとしない気分が残ってしまいました。たぶん、それは視聴率とかにも現れているのではないかと。「魔裟斗が負傷で欠場したから」ということになってしまうのかも知れませんが、それだけが原因ではないと思います。どちらかというと判定基準や大会の運営、放送の仕方など、興行主側に責任というか改善すべき部分があるように感じました。
 選手や試合のレベルは飛躍的に向上しているだけに、残念な気がします。
[PR]

by masumania | 2005-07-20 23:33 | キック/格闘技  

実力差?

 思ったより大きな差が付きましたね。
 ボクシングの徳山vs川嶋の世界スーパー・フライ級タイトルマッチの話です。ジャッジによっては最後のダウンを奪ったポイント以外、全てのラウンドで徳山に10-9を付けていました。でも、実はこれが順当な結果なのかもしれません。一年前の1分47秒でのKO劇のイメージが強すぎて、人によっては「川嶋有利」という予想もあったようですが、本来これぐらいの実力差がある2人だったのだと思います。
 川嶋選手のパンチ力は一発で試合を決める力を持ったものですが、逆にいえば一発が当たらないと勝てないスタイル。世界戦になるとディフェンスのレベルも高く、なかなか一発を当てるのは難しいので、世界レベルの試合で確実に判定勝ちをしていくのは厳しいスタイルだと思います。
 対する徳山選手は8回も防衛を果たした名チャンピオン。一見バタバタしているように見えますが、確実に距離を支配してポイントが取れるスタイル。ディフェンスのレベルも非常に高いです。日本では川嶋選手のようにひたすら前に出て強打を当てようとするスタイルが好まれていますが、今の世界戦の判定基準ではラウンドごとに絶対に10-9を付けるので、確実にポイントを取って勝てるのは徳山選手のスタイルです。
 言い方を替えれば徳山選手は世界レベルの闘い方ができる選手、川嶋選手は国内レベルでは評価される選手ということでしょうか。その差が出たのが、ジャッジの結果なのだと思います。最後の最後でダウンを奪って意地を見せたということもあるのでしょうが、試合後の川嶋選手が納得したような顔をしていたのは、その差を肌で感じていたからでしょう。
 冒頭で「思ったより大きな差が付いた」と書いたのは、ジャッジのうち2人が日本人だったので川嶋選手のスタイルを評価するような判定をするかも知れないと思ったのと、一年ぶりの試合となる徳山選手の仕上がりが予想以上によかったからです。
 とかいっても、終わってからこういうこと言うのは誰でもできることなんですけどね。試合やってる最中は、どれだけ実力差やポイント差があっても一発当てちゃえばひっくり返っちゃうのがボクシングですから。
[PR]

by masumania | 2005-07-19 19:24 | キック/格闘技  

London Calling

 ロンドンでの「同時爆破テロ」のニュースを見ていて感じたことですが・・・。
 向こうで取材にあたっていたレポーターの言葉を借りるならば「ロンドンの人たちは努めて冷静にふるまおうとしているように見える」ということ。被害にあった地下鉄から出て来たような人たちも、インタビューに対して現場の状況を冷静に伝えるばかりで、「テロリストは許せない」とか「テロには屈しない」のような感情的な言葉はほとんど聞かれませんでした。当然、現場に居合わせたような人たちは気持ちも高ぶっているはずですが、それでも懸命に理性的であろうとしているように見えました。
 一番、感情的になっているように見えたのはブレア首相でしたが、それでもブッシュ大統領の演説に比べると、ずいぶん冷静に言葉を選んでいるように感じました。もちろん、大統領や首相の演説は言葉は内容は当然として、表情にいたるまで、どのようにしたら国民に受けるかを計算して作っているはずですから、イギリスの場合、あまり感情的にならない方が国民の理解を得られるということなのでしょう。
 最近、日本のテレビでは政治家のコメントから街頭のインタビューにいたるまで、感情的な言葉ばかりが目につくので、そんな風に感じてしまうだけかもしれませんが。
 そういえば、小泉首相は絵に描いたように「卑劣なテロには屈しない」みたいなコメントをしていましたね。

 あと、気になったのはインタビューを受けているのが“いかにもイギリス人”的な白人ばかりだったことですね。ジャマイカ系の黒人とか、インド系の人とかもロンドンには沢山いるはずなのですが、そういう人がインタビューされている映像は見ることができませんでした。インタビューの後ろをレゲエ風の黒人が歩いてたりはしましたけどね。できれば、あの人の話も聞いてみたかったです。
[PR]

by masumania | 2005-07-13 23:03 | 気になるニュース・言葉  

同じ口で・・・

 たまたま見かけたテレビで『アフリカ・貧困の実態』という番組をやっていました。
 冒頭でキャスターが「この地域の国々は非常に多額の債務をかかえ、世界で最も貧しいと言われています」と切り出し、続いて口にしたのが「先進各国は、これまでに多額の支援を注ぎ込んできましたが、状況はますますひどくなっています」という意味の言葉でした。
 ちょっと待てと。今「多額の債務をかかえ」てるのが貧困の原因だと言ったばかりだろうと。その「債務」になっているのが「先進国」の「注ぎ込んだ多額の支援」なんじゃないのか!? と、思わずテレビの前で大きな声を出してしまいました。

 日本政府の出しているODAをはじめ、先進国が「支援」の名前で出してるお金は多くは有償(もちろん無償のものもありますが)。簡単にいえば借金なわけで、その「支援」の名目で注ぎ込まれたお金が、そのままアフリカ諸国の「債務」になってるわけですよね? 「支援を注ぎ込んでいるのに、貧困はますます進んでいる」のではなく、“支援”の名目で借金をどんどん背負わされているから、先進国の搾取が進められているから、貧困がますますひどくなっているわけで。
 その部分に全く触れないで、どこが『貧困の実態』なのでしょうか?

 当然、その後の番組は見なかったので、実はあの後に「貧困の実態」に迫る衝撃映像とかがあったのかもしれませんが。
[PR]

by masumania | 2005-07-04 23:10 | 気になるニュース・言葉  

KIDスナップ

c0013594_5554242.jpg すごい人気ですね、KID君は。前回の試合でKO負けをしたにも関わらず、翌月の主要格闘技雑誌の表紙を総なめにしていました。試合に敗れて、しかもKOで負けた選手がこれだけ表紙を独占したのは初めてのことではないでしょうか? 


c0013594_5585343.jpg しかも近所のスーパーに置かれていた、こんな冊子の表紙も飾っていました。ここまで来ると格闘技ファンだけでなく、魔裟斗選手と同様に一般の人たちにも完全に認知されているということですね。

 試合後の「ちょー気持ちかった」とか「ヤバい。今すぐにでももう1試合やりたい」みたいな発言が、格闘技専門誌はもちろん、一般の人たちにも注目されているということでしょう。
 彼のようにデビュー戦から衝撃的なKOで勝ち続けて来たような選手は1回負けてしまうと、それまでの勢いがウソのようになくなってしまうこともあります。本人の中での自信とか“気持ちの勢い”みたいなものが失われてしまうことが原因みたいですが、試合後の発言を見る限り、KID選手に関してはその心配はいらなそうです。

 では、対戦する相手の選手にとってはどうでしょうか? たぶん、今までは「コイツの強さは底が見えないな」とか「本当に倒れるのかな?」みたいな幻想が対戦相手の頭にもあったと思います。昨年の大晦日に魔裟斗選手に敗れたとはいえ、K-1ルールは2戦目なのにK-1MAXの前年度優勝者である選手からダウンを奪っての判定負けなので、幻想はなくなるどころかますます膨らむぐらいでしたでしょうから。
 でも、今回の敗戦に関しては、完全に意識を絶たれてのKO負け。これで、これから対戦する選手も「アゴに当てればコイツでも倒れる」と自信を持ってパンチを打つことができます。しかも、ザンビディス選手の攻撃を受けて守勢に回る場面が多かったり、振り回すパンチにもいつもの思い切りのよさが感じられなかったりなど、今までの神懸かり的な勢いが薄かった試合でしたから、対戦相手に試合前から与えるプレッシャーみたいなものはだいぶ薄まっているような気がします。

 復帰戦の舞台にK-1ではなく、総合格闘技のイベントであるHERO'Sを選んだのは、意外と(?)いろんなことを計算しているのかもしれません。
[PR]

by masumania | 2005-07-03 23:53 | キック/格闘技