<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

日常生活の中で感じる男女差

 電車に駆け込み乗車しようとして目の前でドアが閉まってしまったとき、男性の場合、年齢を問わず残念そうな表情は浮かべつつも「いや、別にそんなに乗りたかったわけじゃないんだよ」的に素知らぬ顔をしてごまかそうとする人が多い気がします。
 逆に女性の場合、「もー、乗りたかったのにぃ」的な感情を露骨に出している人が多いように思います。こちらは年齢層によって多少の差があるように感じますが。オバちゃんとかになると、思い切り車掌の方をにらむ人もいますし。
 感情を表に出せるということに関しては女性の方が少しだけ自由なんですかね? この社会は。


 あと、女性にミニカーや玩具などの「実用性がないもの」のコレクターが、ほとんどいないような気がするのはなぜなんでしょうか?
[PR]

by masumania | 2005-02-27 23:13 | 男女の話  

最近のお仕事

 デジモノステーション Vol.37c0013594_1919858.gifでは、いつもの巻頭の「Pure Visionarity」に加えて、メモリーオーディオの特集も書かせていただきました。自分で書いていて欲しくなってしまったので、近く購入する予定。王道のiPodにするか、コンパクトなフラッシュメモリータイプでFMも聞けるものにするか迷っている最中です。
 もうひとつはザ・ベストMAGAZINE4月号。巻頭の井沢元彦氏のインタビューを担当しました。
 両方とも本日25日発売です。
[PR]

by masumania | 2005-02-25 19:14 | 仕事  

K-1 MAX

 KID選手の欠場、武田選手も一回戦で負傷といろいろなトラブルはありましたが、何とか無事(?)に終わりましたね。優勝は昔同じジムで汗を流した小比類巻選手。決勝の新田選手との対戦は7年前の試合もコヒ側で見ていただけに、思い入れのあるカードでした。
 一回戦で武田選手と闘った宮田選手も1日前に決まったにも関わらず素晴らしいがんばりでしたし、村浜選手が慎重差のあるHAYATO選手をハイキックで倒したシーンにも興奮しました。小比類巻選手も小次郎選手をパンチでKOするなど、苦手だったパンチもかなり身に付けているようでした。

 しかし、どうも釈然としない気分なのは、一回戦第1試合の判定のせいでしょう。あの試合は、どう見ても安廣選手が勝っていたように感じます。テレビ的には小比類巻選手が勝ち上がらないと視聴率が稼げないというような事情もあったのでしょうが、勝っていたはずの者がきちんと勝ちにならない判定では選手はやる気をなくしてしまいますし、観客も離れていってしまうような気がするのですが・・・。
 安廣選手のパンチではなく、小比類巻選手の蹴りをとるという判定の仕方もあるのでしょうが、それだったらブアカーオ選手vsクラウス選手の対戦で、クラウス選手が勝ちというのはおかしいです。昨年12月のK-1 GPのトーナメントでも、後味の悪い判定が目立ちましたが、K-1はそろそろ判定基準をはっきりさせる必要があると思います。どっちが勝ったのか、見ている側にわからないような試合が続くと、見る側も離れていってしまうでしょうから。
[PR]

by masumania | 2005-02-24 18:24 | キック/格闘技  

決戦は明日

 K-1 WORLD MAX〜日本代表決定トーナメント〜が明日に迫りました。注目のカードは何といっても山本KID徳郁選手vs武田幸三選手が激突する一回戦。共に強打を誇る選手だけに、KO必至の対決ですね。
 同じ団体に所属する、いわば身内ですから武田選手を応援していますし、勝利を信じてはいますが、なんとなく嫌な予感もします。ステップを使って遠い間合いから飛び込んでくるKID選手のスタイル。どちらかというと接近戦での打ち合いを得意とする武田選手には相性が悪いような気がしてなりません。武田選手のローキックの間合いにうまく入れることができればいいのですが、スピードのあるKID選手をとらえることができるかが勝負所ですね。当て勘のいいKID選手ですから一発ももらわずに試合を終えるのは難しいでしょうが、あのパンチは一発で倒す威力も持っていますから要注意です。逆に、KID選手はローキックへの対処が甘いようですから、武田選手のローキックが先に当たれば武田選手のものでしょう。どちらにしろ、面白い試合になることは間違いないですが、半分身内の選手なので、手放しで面白がれない部分があります。
 ただ、破壊力がある2人の対戦だけに、勝った方がそのまま優勝というのは厳しいように思います。トーナメントで勝ち抜くには、ある程度ダメージを抑えて勝てるディフェンスのよい選手の方が向いているでしょう。そういう意味では逆の山から勝ち上がってくるであろう、昨年の覇者の小比類巻選手や、武蔵選手の弟で技術にも定評のあるTOMO選手の方が優勝の可能性は高いように思います。応援するのが武田選手であることに変わりはありませんが。

 さて、明日の結果はどう出るのでしょうか。楽しみ半分、不安半分な気持ちです。
[PR]

by masumania | 2005-02-22 17:10 | キック/格闘技  

FOMA700iシリーズ

 最近、友人から「新しいFOMAってどうなの?」と聞かれる機会が多いんので、発表からは時間が経ってしまいましたが、NTTドコモのFOMA700iシリーズについて書かせていただきます。
 正直言って現行のFOMA901iシリーズは、その大きさや価格などから、いわゆる「ケータイ好き」でない人には勧めにくい部分がありました。その点、この700iシリーズは大きさもコンパクトで価格も901iシリーズより1万円程度安く抑えられているなど、初めて見たときから「人に勧めやすいモデルだな」という印象を持っていました。
 カメラの性能が1メガピクセルクラスに抑えられていたり、最新の大容量iアプリに対応していないなど機能的には見劣りする部分もありますが、そこまでの機能をケータイに求めていない人には十分過ぎる性能だと思います。「iアプリは使わない」という友人も多いですし、カメラの性能だって100万画素もあれば十分だともいえます。テレビ電話やメールにファイルを添付できるなど、FOMAならではの機能はしっかりとおさえられていますし。
 仕事で最新モデルに触れる機会が多い私のような人間にとっては、目新しい機能がなく、心躍る感じはありませんが、「ケータイにそこまでお金をかけたくない」とか「機能はそこそこでいいからコンパクトでスタイルのいい端末を使いたい」というユーザーにはぴったりのモデルだと思います。
 機能とスタイルがバランス良く仕上がっているように感じましたので、901iシリーズのように発売と同時に売れるようなことはないでしょうが、半年・1年ぐらい経ってみると実はかなり売れてた、というような結果になっているような気がします。
[PR]

by masumania | 2005-02-21 18:23 | 仕事  

今日は

 同じジムに所属する小鳥選手が、一階級下ではありますが現役の日本チャンピオンとの試合に判定ながら勝利をおさめました。1Rからパンチを的確に当てて文句なしの判定勝ち。後半はチャンピオンも前に出て来て激しい打ち合いになりましたが、一歩も退かずに殴り合い、場内も大いに盛り上がっていました。もちろん、一番熱くなっていたのは私たちセコンドの人間でしたが。
 技術の高さはもちろん、ハートの強さが光る試合内容でした。私も見習わなければいけませんね。非常に嬉しくもあり、また刺激にもなった試合でした。
[PR]

by masumania | 2005-02-20 23:31 | キック/格闘技  

たまには時事ネタを

 京都議定書が発効しました。採択されたのが97年ですから、ずいぶん時間がかかってますね。その間に日本のCO2の排出量も増え、90年の排出量の6%を削減しなければいけないのが、逆に8%も増えてしまって合計14%も減らさなければならなくなったとか。
 思い出すのは97年の京都会議の直後、カナダで暮らしている友人が「議定書のおかげでガソリンが高くなった」と嘆いておりました。「なんでガソリンが高くなるの?」と聞くと「じゃあ日本はどんなやり方で5%分のC02を減らすつもりなんだ?」と素で聞き返されてしまいました。
 その友人は決して“意識が高い”人間ではなかったのですが、「CO2を減らす」ということ「政府がやること」と他人事とは考えず、「自分たちにはね返ってくる問題」ととらえていたことが、ちょっとショックでした。今回の議定書の発効に関しても、それをなんとなく「良いこと」だと捉えている人は多いのでしょうが、それを「自分たちが生活の中で減らしていかなければならない」んだと自覚できている人は少ないと思います。自分を含めて。
 特に環境問題に興味があるわけでも、そうした意識が高いわけでもない人間でも、京都議定書の中身を「自分たちのこと」として考えさせてしまうようなカナダの社会ってすごいなと思いました。
 世界中のCO2の4分の1を排出しておきながら、議定書から脱退している隣の国とはえらい違いですね。


 ちなみに、某都知事によって完全に「悪者」にされてしまったディーゼル車ですが、CO2の排出量に関してはガソリン車よりも約2割以上少ないことはあまり知られていません。
[PR]

by masumania | 2005-02-19 23:33 | 気になるニュース・言葉  

久しぶりに

 仕事が忙しかったので3日ぶりに練習に参加。不規則な生活でヘロヘロだったのですが、やはり汗を流すとシャキッとしますね。変な物質が身体から出て行く気がします。練習しながらの方が仕事にも集中できるようです。
[PR]

by masumania | 2005-02-16 23:28 | キック/格闘技  

イメージってこわい

 キックボクシングをやっている話をすると「魔裟斗って本当に強いの?」と聞かれることがよくあります。なかには「魔裟斗やっちゃってよ」みたにな過激なことをおっしゃる人も。同じジムの仲間に聞いてみたら、やはり同じようなことを言われることが多いとか。魔裟斗本人がテレビなどで普段は遊んでいるようなコメントをしていることが多いので、チャラチャラしているイメージが定着してしまっているみたいです。やっている側からすると信じられないことなのですが。

 改めていうことでもないと思うのですが、魔裟斗選手は強いです。現状では日本で一番。それも頭ひとつ抜きん出ていると思います。
 練習の量や質も、おそらく日本一でしょう。私は魔裟斗選手の練習を生で見たことはありませんが、試合を見ているだけでもそれは十分に感じられます。試合ごとに必ず前の試合から成長している部分が見て取れますし、技術的にも体力的にもあれだけの動きをするのには相当な量の練習を、それもかなりの集中力でこなしていないと無理です。
 どちらかというと「遊んでいる」というコメントの方が信じられません。あれだけの動きをするための練習をこなしていたら、とても遊びに行く体力が残っているとは思えません。まあ、それだけオン・オフの切り替えができているということなのでしょうが、キックボクサーの友人は「魔裟斗は見栄っ張りだから、練習してるとこは見せないで“遊んでる”っていってるだけでしょう」といっていました。私もその意見に賛成です。変なイメージで見ないで、試合で見せるパフォーマンスで評価してもらいたいものです。それだけでも、彼の試合は十分すぎるほど面白いと思いますので。

 私は彼の練習や集中力を見習わないといけませんね。本当、爪のあかでも煎じて飲みたいです。
[PR]

by masumania | 2005-02-13 17:43 | キック/格闘技  

見てるだけ〜

 服屋で店員にしつこく声をかけられて、煩わしい思いをしたことがある人は多いと思いますが、みなさんどんな感じで対応してますか? 私はどうもあれが苦手で、うまくあしらうことができません。以前に、仕事でショップ取材などを結構やっていたことがあるせいか、ついつい話を合わせてしまって抜けられなくなってしまうことがよくあります。店員も話好きな人が多いので、ちょっと話を聞きはじめてしまうと、なかなか離してくれません。商売だから当たり前ですが。
 そのせいか、最近は店員に話しかけられただけで、悪いことしてるわけでもなにのに「すいません、見てるだけなんで」と言って逃げるように店を出てしまうようになってしまいました。この調子だと、店員が話しかけてこない無印やユニクロでしか服が買えなくなってしまいそうです。
 誰か、店員が大人しいショップを教えてください。
[PR]

by masumania | 2005-02-07 23:19 | 仕事