カテゴリ:仕事( 226 )

 

Bicycle magazine Vol.24

 仕事を巡る状況がいろいろと変わり、バタバタしていて更新が滞ってしまいました。

 紹介し忘れていた、お仕事をひとつ。
 『Bicycle magazine』のVol.24。
 自転車を積み上げた表紙が目印。実は僕のロングテールバイクも少しだけ写ってます。

 テーマは「COMMUTER & UTILITY BIKE」。実用的な自転車と運べる自転車を主に取り上げています。
 本当は別のテーマで制作に取り掛かっていたのですが、東日本大震災に見舞われたことで、急遽テーマを変更したという経緯があります。
 被災地ではガソリ不足からクルマが使えず、物資を運ぶのに自転車が有効なこと。東京でも、震災による帰宅難民が多く発生したことや計画停電によって、自転車が通勤の手段として見直されてきたことから、このテーマとなりました。

 掲載しているスナップは、震災からそれほど経っていない頃に行ったのですが、実に多くの人に集まってもらえて、編集長も感激していました。
 なかにはロングテール仲間も多数出演していて、個人的にも感慨深い号です。

 僕は、いつものロングテールバイクの連載(今回は念願のエクストラサイクル純正チャイルドシートを装着!)と、エクストラサイクルの創業者であり、ロングテールバイクの発明者でもあるロス・エヴァンスからのメッセージのページを書いています。
 この特集テーマが決まったとき、真っ先に話を聞きたいと思ったのがロス・エヴァンスでした。
元々、発展途上国の支援のためにロングテールバイクを作った彼が、今の日本の様子を知って、どんなことを感じているのか知りたかったのです。
 その内容は期待通りのものでした。

 日本が自然エネルギーを中心とした(明確にそうとは書いていませんが、明らかにそれを意味していると思われます)先進的なインフラを持つ国へと生まれ変わること。それを世界も期待していること。そして、そうした社会を作るのに、自転車に乗るというシンプルな行動が大きな力になること。
そんな彼の言葉は、今後に向けて非常に勇気づけられるものでした。
 ぜひ、ご一読いただければ幸いです。

 個人的には、今回のテーマは「Power of Bicycle」と呼ぶべきものだと思っています。
こんな時だからこそ感じられる自転車の持つ力、余計なエネルギーを使わずに物を運び、移動の手段になるということに加えて、新たなライフスタイルの構築など社会を変えていくパワーも自転車は持っていると思います。
 そんなパワーを感じてもらえる誌面に仕上がっているのではないかと。
 残された制作期間は短いのに、特集のテーマを変更するという決断をし、それをちゃんとした内容に仕上げた編集部のみなさんに敬意を表します。

c0013594_13743.jpg

[PR]

by masumania | 2011-06-19 23:00 | 仕事  

MTB only Vol.1

 更新をサボっていた間に発売されていた媒体その2。造形社の『MTB only』という雑誌の創刊号です。
 MTB専門誌が創刊されるのは久しぶりなので、期待してくれている声も多く、創刊から関われてうれしい限りです。創刊号ということもあり、カバーしている範囲は広めで、割と初心者向きの作りではありますが、今後少しずつディープな方向になっていくかも…。
 私が書いているのは特集のなかの「29er」(29インチタイヤを履いたMTBのこと)と「ロングテールMTB」(車体を長く伸ばして荷物を載せられるようにした自転車)のジャンル。それに、サルサのファーゴというモデルのインプレッションと、子どもようのストライダーという足で蹴って進むMTB(?)の記事。あと、モノクロの「Life with MTB」という企画とOn-Oneというメーカーの紹介記事も書いています。
 割と目立つ表紙なので、書店でもわかりやすいと思います。ぜひ手に取って、気に入ったら買ってください。
c0013594_23474834.jpg

[PR]

by masumania | 2011-04-11 00:12 | 仕事  

チェレンジ! ホビー「自転車で旅をしよう」

 サボってる間に発売されていた媒体その1です。NHK教育テレビで放送されている「チャレンジ! ホビー」という番組のテキスト。『自転車で旅をしよう』という内容で、原稿の半分くらいを執筆しています。
 タイトルの通り、自転車で旅をすることを目的とした内容ですが、自転車を購入するところから始まって、走り方、止まり方、曲がり方などの基本から交通ルールまでカバーした入門書としても読んでいただけると思います。結構いろんな場所にロケに行ったので、写真も楽しい感じ。テキストではありますが、読み物としても楽しめる出来だと勝手に思っています。
 私が担当したのは第3回の「走り方の基本をチェック」、第4回の「いざ公道へ。交通ルールに気をつけて」、第7回の「風を感じたい! 海辺の道を走る」、そして第9、10回の「ロングライドに挑戦」です。特にロングライドの回は九州のやまなみハイウェイまで行っているので、写真が壮観です。あとは、コラムで自転車と健康の話、自転車と環境の話、自転車イベントの話、マウンテンバイクの話を書いています。
 まだ、書店に並んでいますし、番組はちょうど放送中(今夜10時から! しかもちょうど担当した第3回)なので、ぜひ一度見てみてください。ちなみに、番組のほうには全く関わっておりませんが…。
c0013594_04715.jpg

[PR]

by masumania | 2011-04-11 00:04 | 仕事  

スポーツサイクルカタログ2011・ロードバイク編

c0013594_5122012.jpg 八重洲出版から発売されている『スポーツサイクルカタログ2011』のロードバイク編でも原稿を書いています。最近、人気の高いロードバイク。この春、新しいロードを購入しようと考えている人には、良い資料になるかと思います。
 ぜひ、先日紹介さいた『バイシクルマガジン』と合わせてご購入ください。
[PR]

by masumania | 2011-03-04 01:10 | 仕事  

コンバートEVの記事

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、日経BPのweb『ECOマネジメント』に書いた「安全面の規格化がスタート コンバートEVビジネスの可能性」という記事が公開されています。
 コンバートEVとは、既存のガソリン車を電気自動車(EV)に改造したもののこと。メーカー製のEVよりも安く作ることができ、既存のクルマをゼロエミッション化できることから注目されている乗り物です。

 最近では電気自動車普及協議会(APEV)が安全基準作りを進めていますが、その話から、実際にコンバートEVを手掛けているオズコーポレーション、課外活動でコンバートEVを製作しているトヨタ東京自動車大学校日本EVクラブ代表の舘内端さんなどに取材しています。安価にEV化ができるとして、注目を集めているコンバートEVですが、そのビジネス化の可能性はどうなのか? よろしかったら読んでみてください。無料・無登録で読めます。(ちなみに、諸事情によりこの媒体で書く記事はこれが最後になります)

 写真は取材に協力してくれたトヨタ東京自動車大学校「トヨタスポーツEV」(トヨタスポーツ800、通称ヨタハチをベースにしたコンバートEV)を作った生徒さんたち。
c0013594_584061.jpg


 また、記事のなかでも取り上げたゼロスポーツというコンバートEVのメーカーが、破産するというニュースがありましたが、それについて『ECO Wheels』のブログに記事を書きましたので、そちらも合わせて読んでみてください。
[PR]

by masumania | 2011-03-03 23:55 | 仕事  

Bicycle magazine Vol.23

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、『Bicycle magazine』の最新号が発売されています。
 今回の特集は「自転車を選ぼう」。この春ちょっといい自転車が欲しいなと思っている人にはピッタリの内容です。
 バイクショップの体験記からはじまって、各ジャンルのメリットなどを解説したカタログ、そして個人的にいいなと思ったのはオリジナルの「自転車選びの問診票」を記入して、実際にショップに自転車を買いに行ってしまう企画。
 特にこの問診票は、自分で記入してショップに持っていくと、意図が伝わりやすいのではないかと思います。
 むしろ、ショップに置いておいて欲しいですね。

 そんな特集の中で、私は自転車をいっぱい持ってる人のインタビュー記事を書いています。
 自転車を何台も持ってる人って、どうやって使い分けているのか? 何で台数がどんどん増えていってしまうのか? 3人に取材していますが、3者3様で面白かったです。

 それと工場見学というか物作りに関わる人のインタビュー記事は、今回輪行バッグなどを作っているオーストリッチさんに行きました。
 こういう規模は小さいけれど、高品質なものを作り出しているメーカーの話は非常に面白いですね。
 日本では物作りの空洞化がよく言われますが、自転車関連だと実際に自分たちで作っている小さなメーカーがいくつもあります。
 「自転車はファミリービジネス。シマノは島野さんだし、カンパはカンパニョーロさん家」と、今回のインタビューのなかで聞きましたけど、そういう規模でやってるからこそ聞ける面白い話があるものですね。

 あとはロングテールバイクの連載、それに前回から始まったデジタルガジェットの連載ではカシオのGPS付きカメラを取り上げています。
よかったら手に取って読んでみてください。
 
c0013594_22413998.jpg

[PR]

by masumania | 2011-02-23 22:40 | 仕事  

SIM-Driveの記事

 こちらも紹介が遅れましたが、『ジアスニュース』というwebで「SIM-DriveのオープンソースによるEV製作第2号車がスタート」という記事を書いています。
 インホイールモーターを使ったEVを参加企業とともに製作し、そのノウハウをオープンソースで各企業に提供するという先行開発車事業の第2号発表会の模様。同社の社長である清水浩さんはエリーカという有名なEVを作った人です。一度乗せていただいたことがありますが、異次元の加速に驚愕しました。話が非常に面白い人でもあるので、いつも取材に行くのが楽しみだったりします。第1回のプロジェクトで製作したEVは3月29日に公開されるとか。それも楽しみに待っています。
c0013594_13433100.jpg

[PR]

by masumania | 2011-02-10 23:21 | 仕事  

ハイブリッドの記事

 ずいぶん時間が経ってしまっていますが、日経BPの『ECOマネジメント』で「フォークリフトや鉄道車両まで ハイブリッドはどこまで広がる?」という記事を書いています。平たく言うと自動車以外のハイブリッド技術を集めた記事です。フォークリフト(エンジンハイブリッドとキャパシタハイブリッドの2種類)と、JRのハイブリッドトレインを取り上げています。
 自動車以外の技術者に話を聞くのも勉強になります。機械式のデフは実は効率が悪く、それを使わないだけでエネルギー効率が何%かアップする話とか、電車では回生エネルギーを架線に送って、後続の電車がそれを受け取って活用しているとか、自動車の常識とは違った話がいろいろと聞けました。デフの話は、インホイールモーターを使ったEVの可能性に繋がってくる話ですし、電車の話はトロリーバスみたいな形で活用できないかなと思ったり。なかなか勉強になる取材でした。

c0013594_1354789.jpg

[PR]

by masumania | 2011-02-09 01:13 | 仕事  

ジアスニュースの記事

 初めて仕事をさせていただいた『ジアスニュース(The Earth News)』というweb媒体に書いた記事がアップされています。「マップづくりを通じた地域コミュニケーション〜産学連携「地域力マップづくり」プロジェクト〜」というレポート記事です。
 京都にある日本写真印刷という会社と、その地域の朱雀第三小学校、それに立命館大学の三者による地域の歴史や伝統についてまとめたマップづくりについて書いています。マップに掲載する内容を取材したのは小学3年生なのですが、すごく真面目に話を聞き、熱心にメモを取る姿にこちらも刺激を受けました。詳細については、記事をご覧ください。無料ですし、無登録で読めますので。
 今後は、こちらの媒体でもお仕事させていただく機会が増えればいいなと思っています。
[PR]

by masumania | 2010-12-30 01:59 | 仕事  

スポーツサイクルカタログ2011・クロスバイク編

c0013594_1233496.jpg 毎年原稿を書かせてもらっている八重洲出版の『スポーツサイクルカタログ2011(クロスバイク/アーバン/小径車/折りたたみ車/MTB編)』(長いな…)が書店に並んでいます。各ブランドの主要モデルが一覧できるので、これから自転車購入を考えている人には最適な一冊だと思います。あと、巻末の各ブランドの歴史などは、自分で読んでも結構勉強になる内容(笑)。結構分厚くて重いですけど、自転車買おうかなぁと思ってる人は、ぜひ一家に一冊。
[PR]

by masumania | 2010-12-28 23:24 | 仕事