ECOマネジメント

 日経BPの運営する『ECOマネジメント』というwebで、「2008年のエコカーを読む」という記事の後編がアップされています。今回は電気自動車を中心に燃料電池自動車や水素自動車の可能性についても書いています。個人的にはマツダの水素ロータリーエンジンが面白そうだと期待しています。RX-8じゃなくて、RX-7のボディに積んでくれたら欲しいんですけどね。水素ステーションがなくても、ガソリンでも走れるみたいだし。
 あと、記事中では触れられませんでしたが、メルセデス・ベンツの開発したガソリンエンジンなんだけど、ディーゼルエンジンのように自己着火する“ディゾット”エンジンも面白そう。こういう発展途上で、次々と新しい技術が生まれてくるジャンルは追っていて面白いですね。
[PR]

by masumania | 2007-12-25 23:17 | 仕事  

<< エコドライブのすすめ 格闘技通信 No.438 >>