Knock Out DVD BOOK

c0013594_17584081.jpg 宝島社から出版されている『Knock Out DVD BOOK』という本でちょっとだけ原稿を書いています。念願の(?)格闘技仕事です。
 書いているのは「死と隣り合わせのKOの恐怖」というページ。思えば、色々なKOシーンを目てきましたね。デビュー前から先にデビューしてKO負けした同期の選手を担いで運んだり、キック界では唯一のリング禍を目撃したり…。
 この本のインタビューの中で武田幸三選手も言っていますが、どっちかというとKOにいいイメージはないです。同じジムの仲間がKOされた時の心配な気持ちを思い出すから。
 そういえば、自分がKO負けしたシーンが「KOハイライト」みたいなビデオに収録されてて、その危ない倒れ方にびっくりした覚えもあります。

 あ、でも僕はKO負けは一度しかないけど、勝った試合は全部KO(TKO含む)だったりするんですよ。泥試合の末、ドローというイメージが強い割に意外なことに。まあ、勝ち星は3つしかありませんけどね。
[PR]

by masumania | 2007-05-30 18:13 | 仕事  

<< ECOマネジメント スクーターファン Vol.47 >>