『電球一個のエコロジー』

c0013594_118246.gif 一方で“環境の敵”扱いされてる2ストを擁護するような記事を書いておいて何ですが、こんな本にも原稿を書かせてもらっています。中央法規出版の『電球一個のエコロジー』という本です。監修が荒俣宏さん、坂本龍一さん推薦と、何やらビッグネームが並んでいますね。
 内容は、人間が1日生きていくのに必要なエネルギー=約2000kcalを基準に(これは100ワットの電球を1日点けっぱなしにしてるのと同じぐらいのエネルギーだそうです)、クルマや新幹線などの乗り物から、コンビニ、家庭の待機電力、パソコン、ゴミ処理などにどのくらいエネルギーが消費されているのかをわかりやすく絵本のようにまとめたものです。
 ベースになっているのは堀場製作所という会社のサイト、ガイアプレスというコンテンツです。このサイトのリニューアルに関わらせていただいた縁で、お仕事をさせていただきました。
 自分で言うのもなんですが、結構わかりやすくできてると思うので、本屋さんで見かけたら手に取ってみてください。奥付にはちゃんと名前も入れていただきました。
[PR]

by masumania | 2006-07-26 12:15 | 仕事  

<< 今月のお仕事 クラブマン No.255 >>