スクーターファン Vol.40

c0013594_6551767.jpg 前号から記事を書かせていただいている『スクーターファン』。ちょっと大人向けのスクーター雑誌です。
 今回はイタリア製の輸入スクーターのインプレなどを書いています。イタリア製のスクーターは、国産スクーターに比べてどれも個性がハッキリしているのでインプレはしやすかったです。
 工業製品としての完成度という意味では国産車の方が遥かに上なのかもしれませんが、バイクのように趣味の乗り物だと、製品としての完成度の高さがそのままその製品の魅力とはならないところが面白いところです。
 細かい部分の仕上げなどには雑なところがあったり、性能のいい部分と悪い部分の差が激しかったりしても、やはり乗り味にしてもデザインにしても個性のハッキリしたものの方が魅力的に見えてしまいます。
 日本メーカーだったら絶対に付けないような妙に豪華なパーツが付いていたりして、何となくマーケティングありきで作っている感じのする国産バイクに比べて、作り手の趣味とかが反映されてるように感じるのも、イタリア車の魅力でしょうか?

 でも、実際買ってみたりすると痛い目にあったりするのかなぁ。
[PR]

by masumania | 2006-03-29 23:53 | 仕事  

<< クラブマン No.251 線の引き方 >>