リチウムイオン電池の記事

 日経BPのweb『ECOマネジメント』で書いた記事が公開されました。「社会インフラのキーデバイス!? 進化止まらぬリチウムイオン電池」という記事です。
 電気自動車(EV)用のバッテリーとして注目を集めているリチウムイオン電池ですが、それだけではなく、太陽光発電など自然エネルギーで発電した電力を蓄えておくデバイスとしても期待が高まっています。昼間しか発電できない太陽光発電でも、バッテリーに蓄電しておけば夜間に使えますからね。不安定になりがちな自然エネルギーによる発電を、一度バッテリーに貯めておくことで送電網の安定化を図ることもできます。EV時代になると、エンジンにあたるモーターよりも、バッテリーでの競争がキーになってくると予想されていますし。
 そんなことで「社会インフラのキーデバイス」というタイトルを付けていますが、そんな電池が最近ではノートパソコン用の小型電池を組み合わせることで作られるようになっています。パソコン用の電池でクルマが動いちゃう時代なんですね。
 そんな動きを追った記事です。無料&無登録で読めますので、興味を持ってもらえた方はぜひ。
[PR]

by masumania | 2010-02-28 00:13 | 仕事  

<< 『空手LIFE』体重コントロールの話 Bicycle magazin... >>