水素自動車の可能性

 ちょっと前に公開になってた記事ですが、いつもの日経BP『ECOマネジメント』で、「独自技術でエコカー競争に挑む マツダの水素エンジン」という記事を書いています。
 「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」という長い名前の車種ですが、水素を使ったロータリーエンジンにシリーズ式のハイブリッドを組み合わせるという、ユニークな機構を採用しています。しかも、水素でもガソリンでも走れるというデュアルフューエル。いろんなモノが詰め込まれてる面白さもありますが、水素の可能性とか、ハイブリッドのあり方とか、エコカーの今後を考える上で重要なテーマが詰まっている車でもあり、その辺に面白さを感じて、ずっと書きたかった記事でもありました。
 「水素か電気か?」みたいな二項対立で語られることが多いエコカーの世界で、実は両者が補完し合う関係にあるとか、ほかではあまり読めない話も書いています。ちょっと長いですが、内容はそれなりに濃いと思いますので、興味を持っていただけましたら、読んでいただければ幸いです。一応、無料ですんで。

 あと、ついでみたいで何ですが、毎月恒例の『格闘技通信』『デジモノステーション』も発売になっておりますので、書店で見かけましたら手に取っていただければと思います。
[PR]

by masumania | 2009-06-28 23:40 | 仕事  

<< FREERIDE magazi... 規制は競争力を失わせるのか? >>