魔裟斗の言葉

 ここのところ原稿書きが忙しく、うっかり一昨日のK-1 MAXを見逃してしまいました…。
 YouTubeにアップされている何試合かは見ましたが、ダイジェストをやるかと期待してみたTBSの格闘王(格闘王子?)でも、魔裟斗とHIROYAのエキシビジョンしかやらないし…。

 で、番組の中で魔裟斗がHIROYAに対してアドバイスしていた言葉が気になったので、それについて書いてみます。(今も〆切りに追われてる状況なのですが、現実逃避も兼ねて)
 その言葉とは「自分が一番弱いと思って練習しろ」というもの。これはたぶん、魔裟斗が自分でもそう思いながら練習していたことからアドバイスしたのだと思いますが、テレビに映ってるときやマスコミを前にしてるときは常に強気な魔裟斗が、そんな風に思いながら練習していたということはとても意外でした。それに続いて「試合になったら自分が一番強いと思え」と言っていたので、魔裟斗はこっちの気持ちになっている自分だけをカメラの前に出していたんでしょうね。

 「自分が一番弱いと思って練習する」って言葉でいうのは簡単ですが、実は結構難しいことなんじゃないかと思います。少なくとも私はできてませんでした。
 試合前の選手というのは、すごく不安な状態にあるので、少しでも「自分は強い」と思おうとするし、自分が相手より優れてる部分を探そうとするんですよね。で、例えば「パンチは相手より自分の方が強い」とか「左の蹴りは負けない」とか思うと、だんだんそればかり練習するようになったり、スパーリングなどでもその技に頼るようになっちゃったりします。そうすると、自分の技術の幅を広げられなくなっちゃうわけです。(技術の幅を広げるような練習も試合のない時期にやりますが)
 魔裟斗の試合を見ていてすごく感じることは、1試合毎に技術の幅が確実に広がっていることです。得意のパンチが上達してるのはもちろんですが、ディフェンス面であったり、パンチからヒザ蹴りにつなぐ技術であったり、前蹴りやプッシングみたいな距離を作る技術であったり。
 そういう目を見張るような成長は、イメージに似合わない、こういう謙虚な心構えから来てたんだなぁと改めて思った次第です。
 そして、そうやって「弱い自分」を強くするための過酷な練習をしてきたからこそ、リング上やカメラの前では「自分が一番強い」と信じることができたんでしょうね。カメラの前では、あれだけ強気な発言をしながら、決して天狗になることなく自分を高められた魔裟斗の強さの秘密のほんの一端でしょうが、かいま見れた気がしました。
[PR]

by masumania | 2009-04-23 02:45 | キック/格闘技  

<< ITSって知ってますか? Bicycle magazin... >>